改善率97.3%を誇る大阪府箕面市で今、話題沸騰中の整体院!どこに通っても改善しない症状に絶対の自信あり。他の院とは明らかに違う施術を体感下さい。

姿勢整体院 リプレ

・阪急宝塚線 石橋駅から徒歩12分
・無料駐車場あり(2台)
・近くにコインパーキングあり

住 所
大阪府箕面市瀬川2-3-47
箕面ガーデンハイツ104
営業時間
9:30~13:30
13:30~19:30

姿勢整体院 リプレのブログ

階段の昇り降りで膝が痛いあなたへ

    • 正しい歩き方
    • 膝の痛み
    • 足裏から治す
    • 靴選び
    • 魚の目・タコ

昇りと降りのどちらが辛いかでアプローチ方法が変わる!   まず確認しておきましょう。 あなたは昇りと降り、どちらが辛いですか? 昇りが辛いあなたは太ももやお尻の筋肉、膝より上の部分に問題がある可能性があります。 降りが辛いあなたはふくらはぎや足首や足裏の足底腱、膝より下の部分に問題がある可能性があります。 治療として狙っていく部位はこんな感じです。しかし、治療を始めてもすぐに痛みは取れません。とにかく目の前の階段は制覇しなくてはいけない時はどうすればいいのか?   辛い階段をスイスイ歩ける方法!   昇りが辛いあなた:体の横に手を持ってきて、手首を掌屈(手のひら側に曲げる)しながら、手で掻くように歩いて下さい。手のひら地面に向けて強く開いて歩いて下さい。 降りが辛いあなた:手のひらを地面に向けて手のひらを強く開きながら歩いて下さい。 この動作をすることで、体の土台となっている足裏が活性化し、膝への負荷を減らすことができます。 文章だけではよくわからないあなたは、もっとわかりやすく教えますので、メッセージを下さい。   体に関する豆知識やこぼれ話が盛りだくさん! ご質問・ご予約もOK! 姿勢整体院リプレLINE@ 今すぐ友達登録して下さい! 姿勢整体院リプレ ホームページ

膝の痛みの原因は筋肉の衰え?

    • ストレッチ
    • スポーツ障害
    • 筋トレ
    • 股関節の痛み
    • 膝の痛み

膝の筋肉を鍛えると痛みがなくなる?   今のあなたでは、なくなりません。 そもそも膝のどの部分に痛みがあるのかとその部分を動かしている筋肉を把握していない状態でトレーニングをして効果があると思いますか? 膝を動かす筋肉はたくさんありますし、痛めている筋肉は1つとは限りません。当てずっぽうでその筋肉にあたればラッキーですが、そんなにうまくいくことは考えられません。 ではどうやって膝の痛みとなっている筋肉を見つけだすのか?   膝関節は股関節と連動しています   膝と股関節は同時に動くことが多いです。なので、膝の筋肉というより股関節の筋肉にアプローチする方がわかりやすいし確実です。 前側に痛みがある場合:太ももの前の筋肉(大腿直筋)のトレーニング。 外側に痛みがある場合:足の付け根の少し外側の筋肉(大腿筋膜張筋)と太ももの外側の筋肉(外側広筋)のトレーニング。 内側に痛みがある場合:内ももの筋肉(内転筋群)と太ももの内側の筋肉(内側広筋)のトレーニング。 後ろに痛みがある場合:太ももの後ろの筋肉(ハムストリングス)のトレーニング。 細かく言えばもっとたくさんありますが、一番簡単にお伝えしてもこれだけあります。病院の先生はここまで考えて指導してると思いますか?もし考えているなら上記に挙げた内容は当然理解して、あなたに伝えているはずです。今初めて聞いたのならちゃんとした指導はされていませんので、その先生の言うことは鵜呑みにしない方がいいですね。 納得のいく説明があった上で膝に対する施術と指導を受けたいあなたはこちらへ   体に関する豆知識やこぼれ話が盛りだくさん! ご質問・ご予約もOK! 姿勢整体院リプレLINE@ 今すぐ友達登録して下さい!

膝は固定すると○○が起こる!

    • スポーツ障害
    • テーピング
    • 全身疲労
    • 股関節の痛み
    • 肩こり
    • 腰痛
    • 膝の痛み
    • 足裏から治す
    • 身体バランス
    • 骨折

膝を固めてしまうと起こる現象   結論から言いますね。 膝をギプスやテーピングで固定すると、肩こりと腰痛になります。 「へえ~。」で終わるならもうこのブログを閉じていただいてもいいですよ。 なぜそうなるかが気になるあなたはこのまま読み進めて下さい。   膝の固定が全身にもたらす影響 そう思いますか?では実際膝をガチガチに固定して3日過ごしてみて下さい。いとも簡単に上半身が動かなくなるでしょう。   人間の体は足が土台となり全身を支えています。土台は家でいうと「基礎部分」です。建物だけをどれだけきれいに丈夫にしても、基礎部分がいい加減な作りなら地震や台風で簡単に崩れます。 体も同じです。 「動かない方が安定してバランスが取れるのでは?」という声が上がってきそうですが、人間は家と違って生きていくためには動かなくてはいけません。動いているときのバランス保持は下半身の筋肉や関節が適度に動いていることで成立します。下半身の関節や筋肉の動きを固定具で止めてしまうと基礎部分としての役割を果たせなくなるので、上半身の筋肉でバランス保持をしようとします。上半身の筋肉は、本来姿勢保持に働く筋肉ではないので、普段やらない役割を担うと一気に疲労が溜まります。この疲労が腰痛や肩こりにつながるということです。   膝の固定ではなく膝関節運動を促すテーピングをすること   関節の痛みが出たら固定するという型にはまった処置とするのではなく、関節の機能回復を促したいなら関節運動を行いやすくするテーピングをするべきです。 固定をすると運動機能は下がる一方なので、関節を動かしながら回復をさせる。それが一番の痛みを取る早道です。 私は数年前にそんなテーピング法を思いつきました。このブログでご紹介したいところですが、本気で困っている方だけに教えたいので、当院のLINE@にメッセージをくれた方にだけ教えます。   体に関する豆知識やこぼれ話が盛りだくさん! ご質問・ご予約もOK! 姿勢整体院リプレLINE@ 今すぐ友達登録して下さい! 姿勢整体院リプレ ホームページ

肩の筋肉は腰にもある

    • マッサージ
    • 五十肩
    • 猫背
    • 肩こり
    • 腰痛
    • 身体バランス

肩をほぐしても効果がないなら腰をほぐしてみては?   肩こりや首こり、四十肩や五十肩など、肩のトラブルでお困りのあなた。 そんなあなたに朗報です! もし今病院や整体、マッサージで肩に対する治療していても改善がみられないなら、腰と背中の間らへんをほぐすと楽になる場合があります。 正確には、上部腰椎(腰の上の方)です。なぜかというと、上部腰椎には肩を引っ張る筋肉があるからです。   その筋肉は「僧帽筋」といいます その筋肉の名前は「僧帽筋」といいます。 主に肩こり、背中のコリなどの症状はこの筋肉の緊張で起こります。この筋肉は体の中でも比較的重量のある上肢(肩から腕、手指までのこと)を挙げる役割をするため強度が必要なために面積が大きくできています。 この図では背中の下の方までしか付いていませんが、実際は腰椎まで伸びています。僧帽筋の下部は上部腰椎付近に付着しており、ここを支点に筋肉が収縮をして上肢を挙上させます。すなわち、肩にコリ感や痛み、疲労感があって僧帽筋上部にアプローチしても効果がないならば、支点となっているこの僧帽筋下部の緊張が強くなっている場合があるということです。なのでこの部分のマッサージや筋肉を緩める鍼治療、ストレッチなどのアプローチを加えてみると、今までと違う結果になるかもしれませんよ。 今、肩の症状を改善しようと頑張って治療をうけているあなた、もしくは患者さんの肩の症状が取れなくて困っている治療家のあなた。 是非このブログを参考にしてみて下さい。   体に関する豆知識やこぼれ話が盛りだくさん! ご質問・ご予約もOK! 姿勢整体院リプレLINE@ 今すぐ友達登録して下さい!   姿勢整体院リプレ ホームページ

「スポーツはケガをする」という前提でやってませんか?

    • スポーツ障害
    • ブログ
    • 筋トレ
    • 身体バランス
    • 骨格調整
    • 骨盤の歪み

スポーツの本来の目的   健康のためにやっているスポーツで不健康になっていく人が多いですね。 目的を果たしていないどころか、そもそもスポーツの本来の目的を知らない人が多いので教えますね。 スポーツは健康のためにするものではなくて、健康な人が娯楽としてするものです。 なので「スポーツで体を痛める」という前提は最初から間違っています。 もし健康の為にスポーツをするのであれば、まずあなたはスポーツをしていい体かどうかを知る必要があります。日常生活動作での痛みや疲労がある状態ならば残念ですが、スポーツをしても状態が悪化するだけです。   娯楽としてスポーツを楽しむ為には 楽しくスポーツをするためには、体の歪みや身体バランスの崩れを整えて、少ない筋力で姿勢を保持できる体を作っていかなくてはいけません。 世の中ではその姿勢をスポーツで作りましょうという風潮になっています。   スポーツでは作れません!   最初にも書いたようにスポーツは健康な姿勢ができてから楽しむものです。   痛みや疲れが出ない体でやるスポーツはそれは楽しいですよ! そんな体を作る方法を知りたいあなたはこちらへ   体に関する豆知識やこぼれ話が盛りだくさん! ご質問・ご予約もOK! 姿勢整体院リプレLINE@ 今すぐ友達登録して下さい!

いつまで痛み止めでごまかしますか?

    • ブログ
    • ヘルニア
    • 五十肩
    • 座骨神経痛
    • 股関節の痛み
    • 肩こり
    • 脊柱管狭窄症
    • 腰痛
    • 膝の痛み

痛み止めが手放せないあなたへ   腰痛や膝や股関節の痛みを痛み止めの薬やブロック注射でごまかしているあなた。 いつまで続けるんですか? 痛み止めが筋肉や関節に対して何のアプローチにもなっていないことはもうお分かりですよね? 痛み止めの役割は痛みを感じなくさせることだけです。 痛みの原因となっている根本の処置をしないと、薬が切れる頃にまた痛みが出ます。薬が効いている間は体が動かせますからさらに余計な負荷がかかっていることが多いので、逆に痛みが悪化していることが多いです。   痛み止めの活用方法     根本改善治療をしながら、その過程で出てくる痛みを抑える為に痛み止めを使うことはいいと思いますが、そういう処置をせずにただ痛みをその時だけ和らげることでだましだまし生活を続けていると、そのうち薬に対する耐性ができてしまい薬が効かなくなります。 そうなると病院はさらに強い薬を出さなくてはならなくなります。強い薬が体に良くないことも賢いあなたならよくわかっていますね。   もう薬に頼る生活は辞めませんか?もし本気でそう思うならすぐに当院へご連絡下さい。   体に関する豆知識やこぼれ話が盛りだくさん! ご質問・ご予約もOK! 姿勢整体院リプレLINE@ 今すぐ友達登録して下さい! 姿勢整体院リプレ ホームページ

人間は一生筋トレしなくても大丈夫!

    • ぎっくり腰
    • ストレッチ
    • スポーツ障害
    • ヘルニア
    • 五十肩
    • 全身疲労
    • 座骨神経痛
    • 正しい歩き方
    • 猫背
    • 筋トレ
    • 股関節の痛み
    • 肩こり
    • 脊柱管狭窄症
    • 腰痛
    • 膝の痛み
    • 身体バランス
    • 骨格調整
    • 骨盤の歪み

筋トレをして痛みが取れるのか?   腰痛や肩こり、膝や股関節の痛みを改善していく上で、病院や整体でよく、 「筋肉を鍛えて下さい。」 「運動をして下さい。」 などと指導されることが多いのですが、実は人間の体は生まれてから死ぬまでいちいち鍛えなくても十分動けるようにできていることをご存知ですか? 現にあなたの周りにも筋トレしていないのにどこも悪くない人はいませんか? あなたとその人は何が違うのでしょうか?違いは一つ、体の使い方です。   少ない筋力で体を動かすことが重要     鍛えていなくても正しく体を使えている人は、少ない筋力で日常生活動作や運動をしているので、筋肉に疲労が溜まりにくくなっています。 ちなみに私は今31歳ですが、筋トレをガンガンやっている31歳の男性より体幹も強いですし、疲れも出ません。 今体のどこかに痛みがあるというあなたはまだ正しい体の使い方がわかってないので、その状態で筋トレをしてしまうと、筋疲労がさらに蓄積されますので症状は余計に悪化します! 症状を改善するために必要なのは筋トレではなく正しい体の使い方を知ればいいだけです。 その方法を知りたいあなたはこちらへ

膝に水が溜まり続けるのはなぜ?

    • スポーツ障害
    • 正しい歩き方
    • 股関節の痛み
    • 膝の痛み

膝に水が溜まったら注射で抜くしかないと思っていませんか?   先日来られたお客様で、膝に水が溜まり、病院で抜いてもらったが、またすぐに溜まり、また病院で抜く。それを3回繰り返したそうです。 それでも、当院に来られた時には膝が水で腫れてました。 病院でも何回通えばいいかを聞かれたそうですが、「そのうち治るから大丈夫!」と言われるばかりで、水が溜まる原因も教えてもらえずかなり不信感を持っていらっしゃいました。 そこで、当院で膝に水が溜まるメカニズムをお伝えし、数分の施術で膝の腫れはおろか、曲げるときの痛みも軽減しました。   膝に水が溜まる原因と注射しなくても水をひかせる方法     膝に水がたまる原因は、膝関節に過度の負荷がかかることで関節を保護しようと滑液という潤滑油(いわゆる水)が過剰に分泌されるというものです。 この過度の負荷を少なくすれば、その瞬間に水はひいていくので、わざわざ注射で抜く必要なんかないんです。 注射で人工的に抜き続けると、本来備わってる自然に水をひかす代謝力が落ちてしまい、注射でしか水を除去できなくなります。 あなたにはそんな体になってほしくありません。 そのお客様は驚きと喜びの笑顔で帰られました。その後、LINE@で帰り道も歩きやすかったですとメッセージもいただきました。 膝の痛みで悩んでいた多くの方が救われた当院の施術内容はこちらでご覧下さい

我慢の限界です

    • ぎっくり腰
    • ヘルニア
    • 五十肩
    • 座骨神経痛
    • 猫背
    • 肩こり
    • 脊柱管狭窄症
    • 腰痛
    • 骨格調整
    • 骨盤の歪み

体は悲鳴をあげ続けています   いずれ痛みの我慢の限界が来ます。 このまま腰痛や肩こりを放置しておくと施術たけでは治らない状態に陥ってしまいますよ。   腰痛を我慢し続けると、   ヘルニアになります。 背が縮みます。 足の痺れが止まりません。 腰骨が潰れて超猫背になります。 杖をつかないと歩けません。 寝たきりの人生が待っています。     肩こりを我慢し続けると、   頭痛が止まりません。 風邪をひきやすくなります。 服を着れなくなります。 目が悪くなります。 吐き気が治りません。 姿勢が悪すぎてあなたの印象がどんどん悪くなります。   それでもまだ我慢しますか?なってからでは遅いですよ。  これからも薬や湿布でごまかして我慢していくならば、特に私からお伝えすることはありません。  もしほんの少しでも「もう我慢し続ける生活はたくさんだ」と思われるなら、必ずあなたのお力になれます。   腰痛を我慢する生活から解放されたいあなたはこちら 肩こりを我慢する生活から解放されたいあなたはこちら

車の運転で体を痛めず疲れない方法

    • こむら返り
    • ブログ
    • ヘルニア
    • マッサージ
    • 全身疲労
    • 座骨神経痛
    • 猫背
    • 股関節の痛み
    • 肩こり
    • 脊柱管狭窄症
    • 腰痛
    • 身体バランス
    • 骨格調整
    • 骨盤の歪み

車は体が悪くなる要素がいっぱい   車は座席が少し沈んでいて長く座っていると腰が痛くなったり肩がこったり目が疲れたり様々な症状が起こりやすいです。   そんな症状に気が散って運転に集中できなくなると事故にも繋がりかねないので、普段腰痛や肩こりがある方、目の疲れが出やすい方は要注意です‼️   車での疲労感の打開策 車の運転中に腰痛や疲れが出ないようにするコツは、   ・背もたれを使わない ・座席をいつもより少し後ろに下げる   こうすることで体が適度に引っ張られ、姿勢の崩れを防止します。もちろんこれだけでは負担が少なくなるだけなので、全く症状が出なくなるわけではありません。   あくまで応急処置という認識で実践してみて下さい。 体に関する豆知識やこぼれ話が盛りだくさん! ご質問・ご予約もOK! 姿勢整体院リプレLINE@ 今すぐ友達登録して下さい!   姿勢整体院リプレ ホームページ

ホームページ限定
お試しキャンペーン!

10 月 末 日までの期間限定

施術1回 通常 6.000

初回限定

2.980

毎月先着10名様限定のキャンペーンです。
定員になり次第キャンペーンは終了いたしますので今すぐご予約して下さい!
お電話の際は「ホームページ見ました、まだ予約はとれますか?」とお尋ね下さい。

予約
優先制

今すぐご予約して下さい!

「ホームページを観て、

予約を取りたいのですが」とお伝え下さい。状況により出れない場合がありますが、後ほど必ずおかけ直しいたします!

072-734-8468 072-734-8468

ホームページからのご予約と
姿勢整体院リプレLINE@からのご予約は
24時間受け付けております。

姿勢整体院 リプレ

住所
〒 562-0045
大阪府箕面市瀬川2-3-47
箕面ガーデンハイツ104
アクセス
阪急宝塚線 石橋駅から徒歩12分
無料駐車場あり(2台)
近くにコインパーキングあり
代表者
角山 雄太 (かくやま ゆうた)
電話番号
072-734-8468 072-734-8468

最終受付は30分前まで 不定休あり(事前告知)

営業時間
9:30~13:30
13:30~19:30

ソーシャルメディア

体に関する豆知識やこぼれ話を随時配信!
ご質問・ご予約もできます!

LINE ID
@dfs3082f
お友達登録はこちら
友だち追加

PAGETOP