趣味やスポーツを楽しみたい『働く大人』の為の整体院。
仕事もプライベートも全力で楽しめる大人になろう!

整体院リプレ

・阪急宝塚線 石橋駅から徒歩12分
・無料駐車場あり(2台)
・近くにコインパーキングあり
日祝も診療しております。時間外施術はご相談下さい。

住 所
大阪府箕面市瀬川2-3-47
箕面ガーデンハイツ104
営業時間
9:30~19:30

整体院リプレのブログ

膝の痛みを解消するテーピングの巻き方【日常生活動作編】|大阪府箕面市・整体院リプレ

    • 箕面のO脚X脚
    • 箕面の半月板損傷
    • 箕面の変形性膝関節症
    • 箕面の膝の痛み

今回は、膝のテーピング方法をお伝えします。 このテーピングを巻いた状態で、歩いたり、家事をしたり、仕事などの日常生活動作を送るだけで膝の痛みが取れていく、つまり、「普段通りの生活動作が膝の治療になる」という画期的な方法となりますし、あなた自身でもできる簡単な方法ですので、 「膝のストレッチや運動をしたいけど続かない…」 「整形や整体で治療した直後は楽だけどすぐに痛みが戻る…」 「痛みを気にせずにいつも通りの生活が送りたい!」 というあなたは是非試してみて下さい。 膝を固定せずにどんどん動かすテーピングの巻き方 一般的にテーピングというのは、痛めている部位を「固定」する目的で行われることが多いのですが、このテーピングは全く逆で痛めている部位を「より動かす」目的で行います。 膝の痛みの原因として、膝周りの筋肉が固くなって緊張していることがほとんどです。また、膝に痛みを感じている人は、痛みをかばってできるだけ膝を動かさないようにすることでさらに筋肉を固めてしまっています。 たとえ膝に変形や軟骨のすり減りや半月板損傷があったとしても、それ自体で痛みが出ていることはごく稀で、同じように筋肉の緊張によって痛みが起こっていることが大半です。 このテーピングで、痛みの原因となっている筋肉を補助することで動きがスムーズになり、動かすほどに筋肉の緊張が緩和されて結果、痛みが取れていきます。 今回は特に日常生活動作において痛みが出る動作を2つピックアップしてそれぞれの動作をサポートするテーピングの巻き方をお伝えしていきます。 膝の曲げ伸ばしで痛みがある時のテーピングの巻き方 ①キネシオテープ(ドラッグストアやスポーツショップで売っています)を使います。 A:横幅5㎝×長さ20㎝のテープを2本 B:横幅5㎝×長さ22.5㎝のテープを2本 用意します。 ②椅子に座って膝を曲げられる所まで曲げた状態で、1本のAのテープを膝のお皿の下にある骨の出っ張り(脛骨粗面)から半円を描くように貼っていき、お皿の上の方で止めます。 ③もう1本のAのテープを脛骨粗面から反対側も半円を描くように貼っていき、1本目と同じ位置で止めます。 ④最初の膝の角度より10°ほど伸ばした状態で、1本のBのテープをAのテープから下に半分ずらして同じように貼っていきます。 ⑤もう1本のBのテープも同様に貼っていきます。 ⑥完成! 写真ではわかりづらい場合は、動画での解説をご覧下さい↓↓ 膝の捻り動作で痛みがある時のテーピングの巻き方 ①同じくキネシオテープを使います。 横幅5㎝×長さ45㎝のテープを2本用意します。 ②椅子に脚を乗せて膝は90°曲げた状態で貼っていきます。 ③内側から貼っていきます。足の付け根から指4本分の間を空けた所からスタートします。 ④内ももに沿って膝のお皿の下を通って ⑤膝下外側の骨の出っ張り(腓骨頭)を目指して貼ります。 ⑥次は外側を貼っていきます。同じように足の付け根から指4本分の間を空けた所からスタートします。 ⑦太ももの外側に沿って膝のお皿の下を通って ⑧膝下内側を目指して貼ります。 ⑨完成! 写真ではわかりづらい場合は、動画での解説をご覧下さい↓↓ 膝の動きをスムーズにすることで痛みは取れていく! 膝の痛みの原因となっている固くなった筋肉をこのテーピングの伸縮力を利用して動きをスムーズにして、動かせば動かすほどに筋肉が緩んで痛みが徐々に取れていきます。 巻いてすぐに痛みを取るというものではなく、痛みを取る為の行動ができるようになるという目的でこのテーピングを行っていますので、今までみたいにできるだけ安静にするのではなく、痛みを恐れずにどんどん動かしていきましょう! 追伸… ▼当院の膝の痛み・変形性膝関節症治療の詳細はこちらをご覧下さい▼ https://k-reple.com/symptom_menu/%e8%86%9d%e3%81%ae%e7%97%9b%e3%81%bf ▼当院の半月板損傷治療の詳細はこちらをご覧下さい▼ https://k-reple.com/symptom_menu/%e5%8d%8a%e6%9c%88%e6%9d%bf%e6%90%8d%e5%82%b7   【整体院リプレ 公式LINE】 友達限定の『とっておき話』を随時配信! 院長に直接無料相談できます! ▼友達登録はこちら▼     【整体院リプレ YouTubeチャンネル】 病態解説、セルフケア方法を動画にてご紹介! ▼ご視聴・チャンネル登録はこちら▼ […]

スクワットの3つのメリットと【9割の人が知らない】正しいやり方|大阪府箕面市・整体院リプレ

    • 箕面のO脚X脚
    • 箕面のすべり症
    • 箕面のスポーツ障害
    • 箕面の五十肩
    • 箕面の分離症
    • 箕面の半月板損傷
    • 箕面の四十肩
    • 箕面の坐骨神経痛
    • 箕面の変形性股関節症
    • 箕面の変形性膝関節症
    • 箕面の股関節痛
    • 箕面の肩こり
    • 箕面の脊柱管狭窄症
    • 箕面の腰椎ヘルニア
    • 箕面の腰痛
    • 箕面の膝の痛み
    • 箕面の首こり

今回は、スクワット運動についてのお話です。 スクワットという運動は、健康な身体づくりにおいてとても効果的な運動です。しかし、やり方を間違えると体を痛めてしまったり、かえって体を弱くしてしまうことにつながります。 今回は、スクワットで得られる3つのメリットとしんどくなくかつ効果的な正しいやり方について解説していきますので、 「足腰を強くするためにスクワットをしているけど、やった後かえって膝が痛くなった…」 「スクワットが健康にいいのはわかっているけど、しんどいから続かない…」 「毎日続けてはいるけど効果が出ているのかいまいちわからない…」 というあなたは是非参考にしてみて下さい。 スクワットの3つのメリットとは? まずはじめに、スクワット運動を続けることでどのようなメリットがあるのかをご紹介します。 メリットを先に意識することで、後半でご紹介する実践方法がとても有意義なものになります。何のためにこの運動をするのかがわかっているのとわかっていないのとでは効果も大幅に変わってきます。 スクワットのメリット①:膝・股関節・腰・肩の痛みやコリが改善 スクワットによって全身を動かすことで(一般的なスクワットでは肩は動かしませんが、今回ご紹介する方法では肩も動かします)、全身の筋肉が柔らかくなり柔軟性が高くなります。 膝や股関節などの節々の痛みの原因の多くは、その関節周辺の筋肉の緊張によるものなので、緊張した筋肉を緩めて痛みやコリ感を解消する効果があります。 スクワットのメリット②:引き締め・シェイプアップ効果 筋肉を動かすことで、脂肪燃焼やたるんだ筋肉を引き締めることで脚が細くなったり、全身のプロポーションが整ったりします。 特に太ももやお尻など下半身のシェイプアップ効果が期待でき、女性の方や接客業をされている方は女子力アップやお客様からの第一印象が良くなります。 スクワットのメリット③:免疫力が上がる 筋肉が動くことで全身の血流が促進され、免疫力や人間に元々備わっている自然治癒力が大幅に上がります。 今話題になっている新型コロナウイルスやインフルエンザ、風邪などのウイルスに感染しても、免疫力が高いと発症しにくくなりますし、発症しても自己の治癒力を高めていることで早期に症状が治まります。 効果を最大限に発揮するスクワットの正しいやり方   今挙げた3つのメリットはごく一例です。多くのメリットがある万能薬ともいえるスクワットですが、少しやり方を間違えるとこれらのメリットがすべて逆効果になってしまいかねません。 これからご紹介するスクワットは、私が今までの培ってきた知識と臨床経験や実例をもとに考案した方法です。人体のメカニズムとスクワット運動の物理的な負荷などを考慮したいわゆる「良いとこ取り」のスクワット運動ですので、是非試してみて下さい。 一般的なスクワット(間違ったやり方) 一般的によくあるスクワット、 ●脚を肩幅に広げる ●手の位置は頭の後ろか胸の前でクロスする ●背すじを伸ばして膝を曲げる時に膝がつま先から出ないようにする このやり方だと、確かに筋肉に疲労感を感じて達成感や余韻は残りますが、筋肉は余計に緊張して固くなるので疲れが出やすかったり、膝や股関節などに痛みがある方は痛みが悪化してしまうことにつながります。 また、筋肉が緊張すると縮んで太くなってしまうことから引き締まるどころか逆に体が太くなってしまいます。そして、血流も悪くなってしまうことから免疫力が低下して体調を崩しやすくなったりとせっかくのメリットがすべてデメリットになってしまいます。 正しいスクワット方法 ①脚のスタンスはあなたが楽な位置で大丈夫です。(肩幅よりも広くとってもOK!) ②手は後ろ回しに動かします。 ③膝はつま先から出ても大丈夫です(背すじも楽な姿勢でOK!) ④膝を曲げた状態からスタート ⑤手を後ろに回しながら手が上に来た時に膝を伸ばす(ここで1回とカウント) ⑥手が下に降りてきた時に膝を曲げる(曲げる角度もあなたがしんどくない程度でOK!) ⑦これを繰り返す 10回を1セットとして、最初は一日3セットから始めましょう(連続で行うよりも、朝、昼、夜など時間を小分けにして行うと効果的です)。慣れてきて効果を実感出来てきたら、一日5セットに増やして行うようにして下さい。 動画で解説!間違ったスクワットと正しいスクワット 写真ではわかりづらいというあなたは、手順をまとめた動画がありますので是非ご覧下さい↓↓ おまけ:セルフケアの効果を判断する方法 スクワットに限らず、様々な運動やストレッチなどのセルフケアをしていくにあたって、効果が実感できないとやっている意味がないですし、モチベーションも上がらないと思います。 そこで、あなたが今やっている、もしくはこれからやろうと思っているセルフケアが本当に続ける価値があるかを判断する方法をお伝えしたいと思います。 1つの方法を試す時に効果があるかないかを判断する基準として、 〇そのセルフケアをする目的を明確にする 〇同じ方法を2週間続ける 〇始める前、1週間後、2週間後の状態の変化を観察する 例) ・膝の痛みを解消したい目的でスクワットをするなら、一日の中で痛みを感じる回数をカウントしたり、膝の曲がる角度や歩き方などを写真や動画に残して、どう変化していくかを観察する。 ・脚を引き締める目的でスクワットをするなら、始める前に立ち姿勢で脚の状態を写真に残しておいてどう変化していくのかを観察する。 このように始める前と続けていくことでどのように変化していくのかを観察して、少しでも変化が見られたのなら、今後も変化していく傾向にありますので続けていく価値があると判断します。もし1㎜も変化がないのならそれ以上続けても意味がないので違う方法に切り替えて下さい。 正しいスクワットで効率よく健康づくりをしましょう! 今回ご紹介した方法は、私が今までの知識と経験で考案して推奨している正しいやり方です。この方法で実際に膝の痛みや股関節痛、腰痛などが改善した例もありますので自信を持って提供していますが、効果の高いスクワット方法はもっとあると思います。 今回ご紹介した方法や他にもあなたが信頼できる方法もいろいろ試してみて、最終的にはあなたが最も効果が実感出来てやりやすかった方法をしっかり続けて下さい。 […]

膝が痛くて、1年間しゃがむことができなかったお客様

    • 箕面の膝の痛み

ご紹介するCさんは、1年間、しゃがむ動作ができず、膝の痛みで夜も眠れないほどでした。 「なんとか治したい!」の一心で探した結果、自宅から車で2時間かけて、当院への治療を始められました。 現在は、膝の痛みも改善し、しゃがむ動作もできます。 膝が痛くてしゃがめない 夜の痛みもある どこに行っても治らない と感じている人への参考になれば幸いです。 膝の悩みは? Cさんの悩みは以下の通りです。 しゃがむ動作が1年間できなかった。 介護士をしており、仕事にも支障が出ていた。 病院や治療院にも行ったが、治療らしい治療がなかった。 膝の痛みが強く、夜は眠れない日もあった。 近辺の病院や治療院にも通われましたが、納得いく治療院が見つからず、気づくと1年が経過したそうです。 「それでもなんとか治したい!」と探し続け、たどり着いたのが当院でした。 膝の痛みの原因 Cさんの膝の痛みの原因は、太ももの内転筋群と大腿直筋という筋肉が固くなっていたことです。 動く際に常に膝を庇うことで、筋肉を固める癖がついていました。 すると、階段を下りる動作など、筋肉が体重を支えるときに痛みを感じやすくなります。 ずっと筋肉を固め続けると、筋肉内の疲労物質が溜まりやすくなり、慢性的な痛みや夜間時の痛みにも繋がります。 さらに、Cさんがお住いの地域は、気温が低いため、筋肉が固まりやすく、痛みを感じやすい環境だったことが関係しているようでした。 膝が痛くてしゃがめない? Cさんは膝の痛みにより1年間、しゃがむ動作ができませんでした。 よく原因を探ってみると、一番の原因は「しゃがむことへの恐怖心」です。 一度、膝を痛めると、体は「膝を動かさないように固めて!曲げたら痛くなりそうだよ!」と間違った使い方を覚える場合があります。 その恐怖心を和らげるために、じっくりカウンセリングし、「膝が痛くないしゃがみ方」をお伝えすると、しゃがみ動作時の痛みが緩和されました。 膝の痛みへの施術法 Cさんには、以下の3つのことをしました。 膝へ負担軽減 しゃがむことへの恐怖心を取り除く 固まった筋肉を柔らかくする 固くなった、内転筋群と大腿直筋の柔軟性を出す施術を行い、筋肉を使いやすい状態にします。 さらに、膝への負担が少ない動作を覚えてもらい、しゃがむことへの恐怖心を取るために体の使い方を指導しました。 しゃがみやすくなる3つのポイント (5分間の動画でご紹介しています) ポイントは3つです。 ①脚を広げてしゃがむ ②つま先を外側に向ける ③足首のストレッチをしてやる この3つを行うだけでも、しゃがむ時の痛みが軽減する方がいます。 現在の様子は? 治療を始めて7か月後には、痛みも改善し、しゃがむ動作もできるようになられています。 どうしても、お仕事柄、膝を使うことが多いため、メンテナンスのために月に1回来院されています。 Cさんは遠方から来院されていたため、月2回の来院でした。 治療期間は? 月2回の7か月間、計14回の施術で痛みは改善しました。 痛みが軽減した後も、月に1回メンテナンスに来られています。 治療期間は、症状など個人によって異なります。 カウンセリングでお客様への最適な治療期間をご提案させていただきます。 まとめ Cさんは膝の痛みで1年間、しゃがむことができず、痛みで夜も眠れないときがありました。 膝の痛みの原因は、膝周辺の筋肉が固くなっていた事、しゃがむことへの恐怖心でした。 膝への負担が少ない方法、施術を7か月間行い、現在では痛みなく生活できています。   名前 […]

半月板損傷を【ストレッチ&テーピング】で手術しないで治療できる!|大阪府箕面市・整体院リプレ

    • 箕面のO脚X脚
    • 箕面のスポーツ障害
    • 箕面の半月板損傷
    • 箕面の膝の痛み

半月板損傷による膝の痛みで「ちゃんと治したいなら手術」と言われているあなた。 実は、半月板損傷による膝の痛みは、手術しなくても改善することができます。なぜ手術をしなくても膝の痛みは治るのか?手術しないで治療するにはどういうことをすればいいのかをお話していきます。 あなた自身で簡単にできる方法ですので、是非試してみて下さいね。 半月板損傷で手術が必要ない理由 半月板というのは、膝関節にかかる衝撃を和らげるクッションの役割をしている軟骨組織です。軟骨組織には痛みを感じる神経がないため半月板が損傷することで痛みは起こらないのです。この事実は、一般的にはあまり知られていませんが、膝痛治療を第一線で研究・治療している医療機関や学会では常識となっています。 なので、痛みに直接関係していない半月板を除去する手術をしたところで、あなたの膝の痛みは変わらない可能性が高いです。 膝の痛みの本当の原因は? 半月板の損傷が痛みを出していないのであれば、何が痛みの原因なのかというと、半月板が損傷するくらい膝に負担がかかっていることで、膝を動かしている筋肉が過度に緊張して固くなっていることが痛みの原因の大部分を占めます。 すなわち、半月板を除去する手術をしなくても、膝周りの筋肉を緩める処置や筋肉が固まらないような体の使い方をしていくことで、あなたの膝の痛みは改善するということです。 半月板損傷を手術しないで治療する2つの方法 ~症状改善~ 以上を踏まえて、膝周りの筋肉を緩める方法をご紹介していきます。始めに、痛みや動かしづらさといった症状を改善する方法をお伝えして、次に痛みが再発するリスクを減らす、いわゆる根本改善の方法をお伝えしていきます。 その①:膝周りの筋肉のストレッチ 半月板が損傷すると特に、太ももの内側にある「内転筋群」と、お尻にある「殿筋群」の緊張が強くなっています。この2つの筋肉をストレッチで緩めることで膝の動きがスムーズになり痛みが取れていきます。 内転筋群のストレッチ 内側の半月板が損傷していると、この筋肉が過度に緊張して膝を守ろうとします。写真のように、立ち姿勢で脚を椅子やベッドに乗せて上半身を側屈すると簡単に伸ばすことができます。 10秒間伸ばすのを1セットとして、一日最低3セット(朝、昼、夜など時間を空けて行うと効果的)、症状の改善がみられ始めたら一日5セットに増やして行いましょう。 殿筋群のストレッチ 外側の半月板が損傷していると、この筋肉が固く緊張します。お尻の筋肉なので一見関係ないように思えますが、殿筋群が太ももの外側の筋肉をコントロールしているので、殿筋群をストレッチすれば連動して太ももの外側の筋肉も伸びます。 写真のように、仰向きの状態で脚を組んで、下にある方の脚の太ももを両手で抱えて胸に近づけるように伸ばします。これも同様、10秒間伸ばすのを1セットとして、一日3~5セット行いましょう。 その②:膝の動きをスムーズにするテーピング ストレッチだけでも効果はありますが、肉体労働をされている方やスポーツをされている方は、より膝の動きを活性化するためにテーピングも併用しましょう。 このテーピングは、膝を固定するものではなく、むしろ膝を動かすように促して膝を動かしても大丈夫という認識を持つために行います。 テーピングをしている状態で仕事やスポーツをすることで、その動作が治療になる仕組みを作れるので、是非やってみて下さい。 市販しているテーピングであなた自身でもできる簡単な方法です。手順は動画で解説します↓↓ 半月板損傷を手術しないで治療する2つの方法 ~根本改善~ ここからは、筋肉を固めないようにする体の使い方を解説していきます。症状改善の治療と同時進行で行って下さい。 歩き方を改善して筋肉を動かす 間違った歩き方 半月板損傷があると、無意識的に膝をかばって歩いてしまいます。腕を振らずに、歩幅を狭くして、膝を気にして目線が下がっている。このように体の動きを小さくすることで筋肉が固まってしまい、せっかくストレッチで緩めてもまたすぐに元の悪い状態に戻ってしまいます。 正しい歩き方 正しく歩くことで状態が悪くなることは絶対にありません。痛みを恐れずに、腕を振って、歩幅を広げて、目線を上げて、大きく早く体を動かして歩くようにして下さい。 立ち上がり方を改善して筋肉を動かす 間違った立ち上がり方 歩く時と同じように、膝をかばって膝に手を置いて痛みを恐れてゆっくり立ちがってしまうことで筋肉に過度のストレスがかかり緊張が強くなり痛みを感じやすくなってしまいます。 正しい立ち上がり方 膝に手を置かず、座面やひじ掛けを手で押すように勢いをつけて早く立ち上がることで無駄な力を入れずに立ち上がることができます。この立ち上がり方の方が筋肉を固めている時間が短いので緊張が強くなるリスクが軽減します。 正しい知識を持って治療すれば半月板損傷は怖くない! 半月板損傷に関する正しい知識を備えて、今までの考え方を変えることで膝の痛みは手術しないで治療することは十分できます。今回の記事を読んで自信を取り戻したあなたは、今日からしっかり膝の痛みと向き合って治療をしていきましょう。 まだ怖さが残っていてうまく行動できるかわからないというあなたは、よりわかりやすく半月板損傷に関する説明と動かすことで痛みが強くなることはないことを体感できるデモンストレーションを当院で行いますので、是非ご相談下さい。 追伸… 大阪府箕面市にある「整体院リプレ」では、あなたと同じように半月板損傷による膝の痛みで、 ・どこに行ってもどんな運動をしても治らない… ・手術を勧められているけど手術はせずに治したい! ・休んでいるスポーツに早く復帰したい! ・膝を気にせずに出かけたり、買い物を楽しみたい! というような、深い悩みで辛い毎日を送っている方が多く来院されます。ですが、当院での施術と生活指導・セルフケア指導を素直に取り組んでいただいて、今では皆さん、痛める以前以上に元気に充実した生活を送っておられます。 今回の記事を読んで、 「ここなら良くなるかも…」 と、ほんの少しでも思っていただけたのなら、これをきっかけに半月板損傷による膝の痛みをやっつけてしまいませんか? 「痛みに耐える辛い毎日はもう終わりです!」 是非あなたのお話を聴かせて下さい。   ▼当院の半月板損傷治療の詳細はこちらをご覧下さい▼ https://k-reple.com/symptom_menu/%e5%8d%8a%e6%9c%88%e6%9d%bf%e6%90%8d%e5%82%b7 ▼当院の膝の痛み・変形性膝関節症治療の詳細はこちらをご覧下さい▼ […]

【モートン病の治し方】テーピングと歩き方を変えるだけで改善できる!|大阪府箕面市・整体院リプレ

    • 箕面のモートン病

今回は、モートン病を自分でも治せる方法についてお話していきます。 今まで病院や整骨院などでも治療を続けても治らなかったモートン病による足裏の痛みやしびれでも、この方法で改善した症例がかなり多いので、是非実践してみて下さい。 モートン病について少しおさらいしましょう モートン病とは、足の真ん中辺り(第3趾と第4趾間の付け根)を通っている神経が骨や筋肉、靭帯によって圧迫されてしびれや歩行時痛、つま先立ちをした時の痛みを引き起こすものです。 モートン病の原因として、足裏の「アーチが弱くなっている」ことが考えられます。 足裏のアーチというのは、足裏の親指の付け根(母趾球)、小指の付け根(小趾球)、踵(かかと)の3つの骨の間に張り巡らされている筋肉や靭帯のことで、内側縦アーチ(土踏まず)と外側縦アーチと横アーチの3つのアーチで構成されています。アーチの役割は歩く時や走る時などの動作で足の骨や神経に負荷がかからないように保護することです。 このアーチが弱くなって動きが悪くなることで、足の骨や神経に負荷がかかり足裏の痛みやしびれを引き起こしたものがモートン病と言われます。 アーチを強くするには「止める」のではなく「動かす」こと! モートン病の治療としてよく挙げられるものとして、靴や中敷き(インソール)を見直して足形を計測してその人に合った靴や中敷きを使って機能回復を促すというものがあります。 確かに、この治療法で一時的に痛みやしびれが緩和することもありますが、これはアーチを止めていることで楽な気になっているだけです。 アーチの動きを止めてしまうと、アーチはどんどん動かなくなりうまく機能できなくなり、最終的には足に装具をつけて生活することになってしまうこともあります。 弱ったアーチを強くするには、アーチを「止める」のではなく、アーチを「動かす」ことをしなくてはいけません。 自分でもできる!モートン病の治し方 以上を踏まえて、アーチの動きを強くスムーズにしてモートン病を改善するための2つの治し方をご紹介していきます。 治し方①:アーチを活性化させるテーピング モートン病の治療として、靴やインソールの他にテーピング療法も用いられることも多いです。ですが、ほとんどのテーピング療法は、同じようにアーチを止めてしまうものになります。 当院でお伝えしているのは、逆にアーチを活性化させて動かしやすいように促すテーピング療法です。市販している伸縮テープ(キネシオテープ)で自分でもできる簡単な方法ですので是非やってみて下さい。   ①長さ15㎝×横幅2.5㎝のテープを2本使います。(テープは横幅5㎝で売られていることが多いので、縦半分にカットして下さい) ②1本目は、足の親指の外側から軽く引っ張りながら足の甲の外側に沿わせて内くるぶしに貼ります。 ③2本目は、足の小指の外側から軽く引っ張りながら足の甲の外側に沿わせて外くるぶしに貼ります。 ④両側から足全体をテープで引っ張る形を作れば、足を動かす度にアーチが動くので、この状態で歩いたり日常生活を送るだけでその動作が治療になります。 動画での解説がこちらをご覧下さい↓↓ 治し方②:靴やインソールを変える前に「歩き方」を変える 近年では、アーチを止めるのではなく活性化させるインソールも出てきています(当院でも取り扱っています)。 ですが、いくら良い靴や良いインソールを使ったり、テーピングでアーチを活性化させても、普段の歩き方に問題があると全く意味がありません。アーチを活性化させる靴やインソールを使うと多少歩き方は良くなりますが、今ままで足に痛みを感じながら生活をしている人は、足をかばうということをしてしまいます。 足をかばいながら歩いてしまうと、どんなにアーチを活性化させる環境を作っても、無意識的に自らアーチの動きを止めてしまいますので、意識的に足をかばわないように歩く練習も必要になります。 アーチを弱める歩き方 足をかばうと、 ●腕の振りが弱い ●歩幅が狭い ●目線が下がっている このように、体の動きを小さくしてできるだけ全身の筋肉やアーチを動かさないようにしてしまいます。 アーチを強くする歩き方 足の痛みを恐れずに、 ◎腕を振る ◎歩幅を広げる ◎目線を上げる 最初は少し怖いかもしれませんが、慣れてくるとこちらの歩き方の方が楽だということに気づくでしょう。アーチを使って正しく歩くことができれば痛みが強くなることもモートン病が悪化することも絶対にありませんので、自信を持って大きく体を使って力強く歩く練習をしましょう。 動画での解説はこちらをご覧下さい↓↓ おまけ:モートン病の簡単セルフケア テーピングや歩き方の改善を行いながら、さらにアーチの動きをスムーズにするために、アーチを構成している筋肉や靭帯を緩める方法もあります。もしよかったら動画を参考にテーピングや歩き方に加えてやってみて下さい↓↓ それでもモートン病による痛みやしびれが治らない場合は? 今回ご紹介した方法でモートン病が改善するケースがかなり多いですが、それでも思うような結果が得られない場合は、間違ったやり方をしてしまっているか、今回の内容がちゃんと理解できておらず足を動かすことに対する恐怖心が取り除けていないか、そもそもモートン病による痛みではないか、のどれかしかありません。 そういう時は、体の専門家ではないあなたが一人だけで何とかしようと思ってもうまくいきません。 自分一人だけで何とかしようと思わずに、なかなか思うように経過が良くならないのであれば最寄りの治療院に相談するか、できることなら当院までご相談して下さい。 追伸… 大阪府箕面市にある「整体院リプレ」では、あなたと同じようにモートン病による足裏の痛みやしびれで、 ・出かけるのが好きなのに今は出かけることを控えている… ・せっかく高いインソールを買ったのに全然良くならない… ・このまま歩けなくなったら家族に迷惑をかけてしまう… ・仕事を辞めないといけなくなったら生活が… といった、深いお悩みをお持ちの方が多く来院されています。 ですが、当院での施術や指導に取り組んでいただいて皆さん痛める以前以上に元気になって充実した毎日を送っておられます。 もし、今回の記事を読んで、 […]

【腰椎椎間板ヘルニア】手術しなくても治る2つの理由と治し方|大阪府箕面市・整体院リプレ

    • 箕面のすべり症
    • 箕面のスポーツ障害
    • 箕面の分離症
    • 箕面の坐骨神経痛
    • 箕面の腰椎ヘルニア
    • 箕面の腰痛

「病院で「これ以上状態が変わらないならば手術になります」と言われたけど、入院やリハビリに時間を取られると家族や職場に迷惑をかけるから手術せずに治せる方法が知りたい!」 「ヘルニアの手術をした知り合いが「手術しても変わらないからやめた方が良い」と言っていたけど、他に何をすればいいのかわからない…」 「ヘルニアがあることで趣味のスポーツもできなくなっていて日々の楽しみがないから、早く復帰していつもの生活に戻りたい!」 今回は、そんなあなたのお力になれるような内容になっておりますので是非最後までお読み下さい。 腰椎椎間板ヘルニアについて少しおさらいしましょう このページにたどり着いているということは、ヘルニアについてある程度理解があると思いますか、今一度あなたが苦しんでいるヘルニアと症状について整理しましょう。 腰を構成している、いわゆる腰骨と言われる骨の名称を腰椎(ようつい)といい、腰椎と腰椎の間には、腰にかかる衝撃を和らげるクッションの役割をする椎間板という軟骨があります。その椎間板に何らかの原因で亀裂が入り、椎間板の内部にある髄核(ずいかく)というゼリー状の組織の一部が飛び出して、腰から下半身に伸びている神経を圧迫して、腰痛や足のしびれが起こります。 「ヘルニア」というのは、「飛び出す」という意味で、病名であると同時に髄核が飛び出ている現象のことを言います。 手術しなくても治る理由①:椎間板ヘルニアは自然になくなる 実は、椎間板ヘルニアの約6~7割は、何の治療もしていなくても、発症してから半年前後で自然に消失します。この事実は、一般的にはあまり知られていませんがヘルニアを第一線で研究・治療している医療機関や学会では常識となっています。 【NHK健康チャンネル】より一部抜粋↓↓ 人間の身体の中には、壊れた組織を回収・分解して修復するマクロファージという免疫細胞があります。ヘルニアが起こっている部分に、血管内からマクロファージが集まってきて、壊れた組織を分解して最後には飲み込んでしまって自ら消滅します。これがヘルニアが自然になくなるメカニズムです。 手術しなくても治る理由②:筋肉を動かすと痛みは取れる マクロファージがうまく機能せずにヘルニアの分解が行われない場合もありますが、ヘルニアが残っていても痛みやしびれを解消することは十分可能です。 【NHK健康チャンネル】より一部抜粋↓↓ というのも、腰痛や足のしびれの原因が必ずしもヘルニアによる神経の圧迫とは限らないからです。実は、画像診断上腰椎にヘルニアがある人の方が全国的に多いことが最近の研究で明らかになっていて、その中で腰痛などの症状がある人は約3%と言われています。 ほとんどの場合、腰痛や足のしびれは、腰をかばって生活していることで腰や下半身の筋肉が緊張して固くなっていることで起こっています。実際にヘルニアが残ったままでも固まった筋肉を緩めたり、筋肉が固まらないような体の使い方をしていくことで痛みやしびれが取れていくケースはかなり多いです。 手術せずに椎間板ヘルニアによる痛みやしびれを解消する方法 まずは、ここまでお伝えした腰椎椎間板ヘルニアに関する知識と考え方を再認識して下さい。それができたら次は実際に筋肉を動かして痛みやしびれを解消する方法をみていきましょう。 今回は、私が普段ヘルニア患者さんにどのような指導を行っているのかをご紹介します。当院に来られている患者さんにはマッサージなどの施術も加えて筋肉を緩めることもしていますが、これからご紹介する方法を実践するだけで筋肉が緩んで腰痛や足のしびれが解消する人もいるので、是非試してみて下さい。 その①:筋肉を緩めるストレッチ ヘルニアになると特に、腰の外側にある「腰方形筋」と、足の付け根にある「腸腰筋」の緊張が強くなっています。この2つの筋肉をストレッチで緩めることで動きがスムーズになって腰痛や足のしびれを感じにくくなります。 腰方形筋のストレッチ 腰方形筋は、上半身を側屈したり捻ったりする時に使います。写真のように座り姿勢で脚を組んで、上半身を側屈することで伸ばすことが出来ます。 脇腹が軽く伸びている感じが出たらその姿勢で10秒間ストレッチします。10秒間伸ばすのを1セットとして、一日3セット(朝、昼、夜など時間を空けて行うと効果的)行いましょう。ストレッチで効果を感じるようになってきたら一日5セットに増やしてさらに筋肉を緩めましょう。 腸腰筋のストレッチ 腸腰筋は、上半身を前屈する(お辞儀する)時に使います。写真のように、立ち姿勢で脚を椅子やベッドに乗せて足先を持ってゆっくり膝を曲げていきます。 足の付け根が軽く伸びている感じが出たらその姿勢で10秒間ストレッチします。同様に、10秒間伸ばすのを1セットとして、一日3~5セット行いましょう。 その②:筋肉を固めない歩き方を身につける 施術やストレッチで筋肉を緩めても、腰をかばって歩くクセを治さないとまたすぐに筋肉が固まってしまいます。ヘルニアがあると無意識的に腰をかばって歩いてしまうので、かばわない歩き方を練習しましょう。 間違った歩き方 腰をかばっていると、 ●腕の振りが弱い ●歩幅が狭い ●目線が下がっている 体の動きが小さくなり筋肉が固まってしまい痛みやしびれが取れにくくなります。 正しい歩き方 筋肉を固めない為には、 ◎腕を振る ◎歩幅を広げる ◎目線を上げる 最初は少し怖いかもしれませんが、かばわずにしっかり体を大きく使って歩くことができれば痛みやしびれが強くなることはありませんので、自信を持って歩いてみましょう。 その③:筋肉を固めない立ち上がり方を身につける 筋肉を固めてしまう日常生活動作として、歩き方の他に椅子から立ち上がる時の動作も挙げられます。痛みをかばって立ち上がってしまうことで一進一退を繰り返してしまっていることがかなり多くみられます。 間違った立ち上がり方 腰をかばって、 ●膝に手を置いて無駄な力を入れながら立つ ●ゆっくり立つ これはいわゆる「空気イス」をしているのと同じ状態で、下半身の筋肉に必要以上に力が入り逆に痛みを感じやすくなってしまいます。 正しい立ち上がり方 痛みを恐れずに、 ◎早く立つ ◎座面やひじ掛けを手で押し付けるように勢いをつけて立つ この2つを意識して立ち上がる練習をしましょう。 正しい知識を持って腰椎椎間板ヘルニアを手術せずに治しましょう! […]

【腰椎椎間板ヘルニア】やってはいけない治療と正しい治し方|大阪府箕面市・整体院リプレ

    • 箕面のすべり症
    • 箕面のスポーツ障害
    • 箕面の分離症
    • 箕面の坐骨神経痛
    • 箕面の脊柱管狭窄症
    • 箕面の腰椎ヘルニア
    • 箕面の腰痛

  今回は、腰椎椎間板ヘルニアでやってはいけない治療とやるべき治療についてお話していきます。 やってはいけない治療というのは、単に効果がないだけではなく場合によっては腰痛や足のしびれが元々の状態より悪化することもあるということなので、あなたが今されている治療と照らし合わせて、もしやってしまっているなら今すぐ中止して、後半でご紹介する方法に切り替えて下さい。 やってはいけない治療①:安静にする 最もやってしまいがちな対処法ですが、実は椎間板ヘルニアは安静にするとかえって進行しやすくなります。 安静にするということは、筋肉や関節を動かさないようにするというです。体の動きが止まると腰椎の可動性がどんどん狭くなり、腰椎にかかる負担を分散できなくなるのでヘルニアが余計に飛び出してしまいます。 やってはいけない治療②:腹筋運動 これもよく病院で指導されたりネットの受け売りでよく見られますが、椎間板ヘルニアは体を前屈姿勢にすると悪化しやすくなりますのでこれもNGです。 いつも痛みやしびれを感じていると無意識に腰をかばって生活しているので、そんな状態で運動すると必要以上に筋肉を使うのですぐに筋疲労が訪れますし、ましてや今まで腹筋運動をする習慣がなかった人が急に腰に負担のかかることをすると一気に体が硬直して痛みやしびれに敏感になってしまいます。 腰椎椎間板ヘルニアの正しい治療の進め方 椎間板ヘルニアによる腰痛や足のしびれは、ヘルニア自体を治さなくても腰椎にかかる負担を取り除くことができれば改善することがよくあります。特に腰を支えている筋肉の動きをスムーズにすることで痛みやしびれが解消するケースがかなり多いです。 当院では、筋肉を緩める施術に加えて、以下にご紹介するセルフケアと生活動作の指導をしています。 ヘルニアによる腰痛や足のしびれを治したいけど、都合が合わなくてなかなか通うことができないというあなたは是非参考にしてみて下さい。 治し方①:腰の筋肉を緩めるストレッチ 椎間板ヘルニアがある人は特に、腰を側屈したり捻ったりする時に使う「腰方形筋」と、腰を前屈する(お辞儀する)時に使う「腸腰筋」が固くなって緊張しています。 この2つの筋肉を緩めることで腰椎の可動域が広がり痛みやしびれを感じにくくなります。 腰方形筋のストレッチ 写真のように、座った状態で脚を反対側に乗せて体を上半身を側屈させます。脇腹が軽く伸びている感じが出たらその姿勢を10秒間キープしてストレッチします。 10秒間伸ばすのを1セットとして、一日最低3セット(朝、昼、夜など時間を空けて行うと効果的)行いましょう。 腰方形筋のストレッチの動画解説はこちら↓↓ 腸腰筋のストレッチ 写真のように、立ち姿勢で脚を椅子やベッドに乗せて、上半身を軽く反らし膝を曲げていきます(膝を曲げるのが困難な場合は反対側の脚で踏ん張って上半身を前に出して重心を前に移動させながら伸ばして下さい)。 足の付け根が軽く伸びた感じが出てきたら、その姿勢を10秒間キープしてストレッチします。同様に一日最低3セット行いましょう。 腸腰筋のストレッチの動画解説はこちら↓↓ 治し方②:歩き方の見直し&改善 筋肉を緩める方法がわかったら、次は緩めた筋肉がまた固まらないような生活動作をしなくてはいけません。特に椎間板ヘルニアがあると腰をかばって必要以上に筋肉に力を入れて日常生活を送っています。 特に普段歩く時に腰をかばって、 ●腕の振りが弱い ●歩幅が狭い ●目線が下がっている 無意識的に、できるだけ動きを小さくして負担がかからないように歩いてしまいがちですが、最初にお伝えしたようにこれはやってはいけない治療である「安静」と同じです。 かばって歩けば歩くほど、筋肉や関節が動かなくなりヘルニアが進行したり痛みやしびれが取れない体になってしまいます。 少し怖いかもしれませんがヘルニアを恐れずに、 ◎腕を振る ◎歩幅を広げる ◎目線を上げる この3つを意識して、体を大きく使ってできるだけ早く動かしましょう。実はこの方が筋肉や関節の可動域が広がって動きがスムーズになりやすく、体が痛みやしびれに対して強くなります。 正しい歩き方の動画解説はこちら↓↓ 治し方③:立ち上がり方の見直し&改善 筋肉や関節を固めてしまうもう一つの要因として、「椅子から立ち上がる時の動作」が挙げられます。 歩く時と同様に腰をかばって、 ●膝に手を置いて手で脚を押さえつけるように立つ ●痛みを感じないようにゆっくり立つ これはいわば、「空気イス」をしているのと同じ状態です。全身の筋肉をガチガチに固めて敢えてしんどいことをしてしまっているのです。 歩く時と同じように、ヘルニアや痛みを恐れずに、 ◎早く立つ ◎座面やひじ掛けを押すように勢いをつけて早く立つ 筋肉に無駄な力を入れる時間を短くして、筋肉が固まりにくい状況を作っていきましょう。 正しい立ち上がり方の動画解説はこちら↓↓ 正しい知識があれば腰椎椎間板ヘルニアなんて怖くない! 実は、椎間板ヘルニアによる腰痛というのは、極めて稀だということが近年の医学研究で明らかになっています↓↓ 【NHK健康チャンネル】より一部抜粋 痛みやしびれの原因の多くは、先ほどご紹介した筋肉の緊張によるものだったり、普段の日常生活動作で気づかないうちに自ら腰椎の動きを悪くしてしまっていることだったりします。 ヘルニアがあるからといって必ずしもそれが原因で痛みやしびれが起こっているとは限らないので、 「ヘルニアだからできるだけ動かさないように…」 […]

膝の痛みと体重は関係ない!歩く恐怖心もなくなったお客様

Bさんは、50代後半の男性で、歩く際の膝の痛みに悩んでいました。 病院にいくも、「原因は100㎏を超えた体重です。このままだと人工関節か寝たきりになる」と言われ、1年間ほど治療を頑張りましたが、痛みは引かず悩んでいました。 今回のお話が、 膝の痛みが体重のせいだと思っている 病院に1年間通院したが膝の痛みが変わらなかった という方の参考になれば幸いです。 Bさんの特徴 歩く時、動き始めの時に膝が痛い 病院から、「このままだと人工関節になる」と言われた 体重が100㎏を超えている 施術後、体重の変化はないのに、膝の痛みが改善した Bさんの膝の悩み Bさんは、歩く時と、動き始め時の膝の痛みに悩んでいました。 仕事にも支障を感じるようになり、病院を受診すると「変形性膝関節症によって膝の軟骨がすり減っています。このままだと人工関節か寝たきりにもなる可能性があるため、体重を減らして、膝の負担を減らすようにしてください」と言われました。 病院へ1年間、通院して治療を続けましたが、一向に膝の痛みは変わりません。 その後、いくつも病院や整体に通いましたが、「どこに行っても治らない… 」と感じていました。 膝の痛みの原因 Bさんの膝の痛みの原因は、動く際に膝を庇うことで、以下の筋肉が固くなっていたことでう。 大腿直筋 外側広筋 外側ハムストリングス 筋肉は固いままだと、血液循環が悪くなり、痛みを発する物質が溜まり続けます。 すると、慢性的な痛みに繋がります。 そのため、一部の筋肉に負担がかからないよう、太もも全体の筋肉を使うような体の使い方が大切なのです。 施術方法は? Bさんには、固くなった柔らかさを取り戻す、2つの施術を行いました。 ①固くなった筋肉へのマッサージとストレッチ ②テーピングにより、膝の筋肉の動きをスムーズにする 原因となる筋肉が柔らかくなり、使いやすくなると、症状は緩和してきます。 当院では、「自分でできる膝のテーピング」もご提案しています。 詳しくは動画でご紹介しておりますので、ご覧ください。(7分の動画です) 「膝の痛みがあるが、通院が難しい」という方にお勧めです。 施術を始めて変化したこと 来院前 歩く時、長時間同じ姿勢から動く時に、膝の痛みがきつかった。 今までの治療院は、治療直後は良いが、痛みの改善まで至らなかった。 来院後 2か月ほどで歩く時の膝の痛みはなくなった。 椅子からの立ち上がる時の膝の痛みも解消された。 院長先生からの「どんどん歩いてください」の言葉で、歩くことへの恐怖心がなくなったのが一番感じた変化だったそうです。 治療期間は? 初回~11回目までは週一回。 11回目から18回目までは2週に一回。 18回目(約4か月半)で痛みは改善し、以降はメンテナンスとして2週に一回、現在も通院されています。 日常の生活やお仕事で筋肉を使い続けています。 定期的なメンテナンスにより、痛みの予防にもなるため、「また痛くなるのは嫌!」という方にはお勧めです。 お客様からのコメント Bさん 多くの病院や整体に行きましたが、角山先生の意気込みや想いが今までの先生とは全く違いました。 「体重は膝の痛みとは関係ない」と言われた通り、体重は変化しなくても、膝の痛みは改善しました。 院長 「痛いから動かしてはいけない」という心のブロックを外すことができれば症状は一気に改善へ向かいます。まずは「動かしても大丈夫!」というマインドセットを持つようにしましょう! まとめ Bさんは膝の痛みがあり、病院では「体重が原因。今後は人工関節になる可能性もある」と言われました。 […]

変形性膝関節症による膝の痛みを【自力で治す】リハビリ方法|大阪府箕面市・整体院リプレ

    • 箕面のO脚X脚
    • 箕面の変形性膝関節症
    • 箕面の膝の痛み

今回は、変形性膝関節症による膝の痛みを解消するリハビリ方法をご紹介します。 また、膝の痛みが起こるメカニズムと今後膝の痛みが起こるリスクを減らす方法も重ねてお伝えしていきますので、 ・痛み止めやヒアルロン酸注射で痛みをごまかしているけど、いよいよごまかしが効かないくらい痛みが強くなってきた… ・膝の手術を勧められているけど、怖いし家族や職場に迷惑をかけるので手術はせずに治したい! ・病院や整体での治療だけに頼らずに自分でもできる膝のリハビリ方法があれば知りたい! などのお悩みをお持ちのあなた、そんなあなたのお力になれる内容となっておりますので是非最後までお読み下さい。 膝の痛みを自力で治す2つのリハビリ方法 このリハビリ方法は、自宅でも職場でも簡単にできる方法です。ジムのトレーニングのようなきつい運動でもないので無理なく行えます。 やることは2つです。この2つの方法に共通しているポイントは、 「膝に力をいれない」 「膝を曲げようとしない」 ことです。 では、それぞれの手順を解説していきますね。 ①曲げ伸ばし動作 椅子に座った状態で、膝だけでなく脚全体を曲げ伸ばししていきます。この時に膝を曲げるのではなく、股関節と手の力を使って脚全体を持ち上げるように曲げ伸ばしします。 脚を持ち上げた時に、脚の重みで自然に曲がるように膝の力を抜いて下さい。この時に膝周りの筋肉がストレッチされて可動域(曲がる範囲)が広がるように促されます。 曲げ伸ばしを15回行い、この流れを1セットとして一日最低3セット(朝、昼、夜など)行いましょう。最初は一日3セットから始めて、曲げ伸ばしや痛みが楽になってきたら一日5セットに増やしましょう。 ②立ち上がり動作 椅子に座った状態から、立ち上がり動作をします。①と同じで、膝で踏ん張って立ち上がるのではなくお尻と手の力を使って素早く立ち上がります。 膝に力を入れることで痛みを感じやすくなるので、お尻の筋肉や股関節の筋肉を使い、手で補助をしながら体全体で立ち上がり動作をすることで膝の負担を軽減できます。体全体を使って立ち上がる感覚が身に着くと膝をかばって変な力を入れて立ち上がることをしなくなるので痛みが出にくくなります。 立ち上がり動作を15回行い、一日3セットから始めて動きがスムーズになって痛みが楽になってきたら一日5セットに増やしましょう。 変形性膝関節症が必ずしも膝の痛みの原因とは限らない! お伝えしたリハビリ方法は、変形性膝関節症自体を治すものではなく、膝周りの筋肉の柔軟性を高めて膝関節の動きをスムーズにすることが目的です。 実は、変形性膝関節症があるからといって、必ずしもそれが原因で膝の痛みが出ているとは限らないのです。 変形自体を治さなくても膝周りの筋肉を柔らかくして関節の動きをスムーズにすることで痛みが改善するケースが多々あります。 膝の痛みを感じさせる「本当の原因」と「対処法」 ここからは、膝の痛みを感じさせる原因とその原因に対するアプローチ方法をご紹介します。先ほどお伝えしたリハビリに加えてこれらのアプローチもやってみて下さい。 膝の痛みの原因①:大腿四頭筋の緊張 太ももの前側にある、膝を伸ばす時に使う筋肉です。変形性膝関節症になると、膝に負担んがかからないように無意識的に何をしている時でもこの筋肉に力が入ってしまいます。 この筋肉が常に緊張していることで、膝を曲げる時などに筋肉が引っ張られて痛みを感じやすくなります。 大腿四頭筋を緩める方法 写真のように立ち姿勢で簡単に伸ばすことができます。10秒間伸ばすのを1セットとして、一日3セット、慣れてきたら一日5セット行いましょう。 写真ではわかりづらい、膝が曲げられない場合はどうすればいいの?というあなたは、動画にてもう少し詳しく解説しますのでご覧下さい↓↓ 膝の痛みの原因②:内転筋群の緊張 この筋肉は、立ち姿勢や座り姿勢などの同じ姿勢をキープする時に使います。大腿四頭筋と同様、膝をかばって生活していることで常に力が入って緊張していることが多いです。 膝を曲げる時も伸ばす時もこの筋肉は引っ張られます。特に膝の内側に痛みを感じる人はこの筋肉が傷みの元凶となっています。 内転筋群を緩める方法 写真のように、立ち姿勢で脚を挙げて体を側屈させることで伸ばすことができます。10秒間伸ばすのを1セットとして一日3~5セット行いましょう。 写真ではわかりづらい場合は、動画解説をご覧下さい↓↓ 膝の痛みの原因③:筋肉を固める歩き方 リハビリやストレッチで筋肉を緩めても、膝をかばって生活する習慣までは改善できません。特に変形性膝関節症になると膝をかばって歩くようになり、せっかく筋肉を緩めてもかばって歩くことでまた筋肉が固まってしまいます。 筋肉を固める歩き方の特徴 ●腕の振りが弱い ●歩幅が狭い ●目線が下がっている 正しい歩き方 ◎腕を振る ◎歩幅を広げる ◎目線を上げる 少し怖いかもしれませんが、正しい歩き方が的確にできていれば痛みは強くなることはありません。勇気を出して膝をかばわずに大きく早く体を使って歩く練習をして下さい。 間違った歩き方と正しい歩き方の詳しい解説は動画をご覧下さい↓↓ 「変形性膝関節症による膝の痛みを自力で治す」の本当の意味 今回お伝えした方法でまずはあなた自身でできることをやっていきましょう。ですが、あなた一人だけですべてやる必要はありません。自分が正しくケアできているかは自分では判断できませんし、セルフケアだけで筋肉を緩めるのは限界があります。 かと言って、病院や整体に頼り切るのも良くありません。どれだけいい治療やいい施術をしても、あなた自身で悪くしてしまっては意味がありません。 「自力で治す」というのは、すべて自分だけで解決することではなく、自分でできることは自分でやって、自分で判断できないことや補えない部分を専門家に任せる。この使い分けが上手くできるようになるということです。 […]

椎間板ヘルニアによる腰痛を解消するストレッチと筋トレ方法|大阪府箕面市・整体院リプレ

    • 箕面のスポーツ障害
    • 箕面の腰椎ヘルニア
    • 箕面の腰痛

今回は、「腰椎椎間板ヘルニア」による腰痛を解消するストレッチを筋トレ方法についてお話していきます。 ヘルニア持ちでいつも腰痛がつきまとってやりたいことができない… 定期的に起こるきつい腰痛が出ないように自分でもできるケア方法が知りたい! またスポーツができるように腰痛が気にならない強い体を作りたい! そんなあなたは是非参考にしてみて下さいね。 ヘルニアによる腰痛がストレッチと筋トレで解消する理由 「ストレッチや筋トレでヘルニアが治るの?」と思われるかもしれませんが、最初にお伝えしておくと、今回ご紹介するストレッチと筋トレはヘルニアを治すものではありません。 目的は、腰痛を解消することです。実は、ヘルニアがあるからと言って必ずしもそれが原因で腰痛になるわけではありません。ほとんどの場合、腰痛の原因は腰周辺や足の付け根周りの筋肉の緊張によって起こっています。 ヘルニアというのは、激しい運動を繰り返したり、交通事故などの強い衝撃が加わって起こることもあるのですが、多くは、腰をかばって体を縮こめた状態で歩いているなどで日常生活動作の中で必要以上に筋肉に負担をかけていたり、仕事で座りっぱなしや立ちっぱなしで同じ姿勢が続いて筋肉を固めていたりすることで、腰椎に過度のストレスをかけていることで起こります。 実際に今までの臨床経験で、ヘルニア自体を治さなくても、ストレッチで筋肉を緩めたり、筋トレで固まっている筋肉を動かすことで腰痛は解消されたというケースがかなり多いです。 今回は、私が今まで培ってきた知識と経験からたどり着いた腰痛解消に最も効果の高いアプローチ方法をご紹介します。 ヘルニアによる腰痛を解消するストレッチと筋トレのやり方 ストレッチで緩める筋肉は、腸腰筋、腰方形筋、殿筋群の3つで、その3つの筋肉と腰を支えている下半身の筋肉を動かす筋トレを順番にご紹介していきます。 ①腸腰筋のストレッチ 腸腰筋は、腰の前側にある筋肉で、上半身を前屈(おじぎする)時や座っている時に脚を挙げる(膝を体幹に近づける)時に働きます。この筋肉が緊張して縮こまってしまうと上半身が前重心になってしまいます。ヘルニアは上半身が前重心になっていると起こりやすくなるのでこのストレッチで縮こまった腸腰筋を伸ばして重心を後ろに促していきます。 写真のように椅子やベッドに膝を着いて足の指を持ってゆっくりと曲げていきます。無理に曲げる必要はありません。足の付け根からお腹辺りが少し伸びている感じが出たらその姿勢をキープして10秒間ストレッチします。 この流れを1セットとして、一日最低3セット(朝、昼、夜など)、物足りなさを感じるのであれば5セット行って下さい。 ②腰方形筋のストレッチ 腰方形筋は、腰の外側にある筋肉で、上半身を側屈させる時に使います。この筋肉が緊張して縮こまることでも体は前重心になってしまいやすくなるので、しっかりとストレッチして後ろに重心を促します。 椅子に座って伸ばしたい方の脚を反対側の脚に乗せて伸ばしたい方の手首を反対側の手で持ってゆっくりと側屈させます。これも無理に側屈する必要はありません。軽く伸びている感じが出たらその姿勢をキープして10秒間ストレッチします。同様に一日3~5セット行って下さい。 ③殿筋群のストレッチ 殿筋群というのは、お尻にある複数の筋肉の束のことで、脚を後ろや外側に動かしたり歩く時や片足立ちの時に体が倒れないように支える役割を担っています。殿筋群が固くなっていると、腰にかかる負担が大きくなるだけでなく、お尻から足先までの痛み感覚を司る「坐骨神経」が過敏になってさらに痛みやしびれを感じやすくなります。なので、腰痛に加えて足のしびれも併発している方はこのストレッチはかなり効果的です。 仰向きになった状態で、伸ばしたい方の脚を反対側の脚に乗せて、乗せられた方の脚の太ももを両手で抱えて自分の体幹にゆっくり近づけます。お尻と太ももの裏辺りが軽く伸びている感じが出たらその姿勢をキープして10秒間伸ばします。これも同様に一日3~5セット行いましょう。 ④ヘルニア解消トレーニング 筋肉を緩める方法がわかったら、次は固まらないようにしっかりと筋肉を動かしていきましょう。これはジムのトレーニングのような激しい筋トレではなく、無理のない簡単な方法となっています。 うつ伏せの状態で体を反らします。この姿勢で膝の曲げ伸ばしを左右交互にするだけです。膝の曲げ伸ばしを30秒間続けるのを1セットとして一日3~5セット行いましょう。 稀にこの筋トレで腰痛が悪化する方もいますが、それは筋肉の緊張が強すぎることが原因ですので、腰痛がきつくなる場合は、一日1セットだけにするか、この筋トレは中止して先ほどのストレッチだけで経過を見ていくようにして下さい。 筋トレの手順を動画にまとめてありますので文字だけの説明でわかりにくい場合は是非ご覧下さい↓↓ ヘルニアを恐れずにしっかりと筋肉を動かしましょう! ヘルニアと診断されると、「腰に負担をかけないように…」とできるだけ体を動かさないようにしてしまいがちですが、それは逆効果です。動かさないようにすると筋肉は固くなって痛みに弱くなりどんどん動けなくなって以前のような生活が送れなくなってしまいます。 最初は怖さがあると思いますが、腰痛や足のしびれを解消するために、しっかりと体を動かして以前のような生活ができるようになりましょう。 それでも「自分一人だけでやっていくのは不安…」というあなたは、当院であなたが自信を持ってヘルニアと向き合っていけるように全力でサポートさせていただきますので、是非当院までご相談いただければと思います。 追伸… 大阪府箕面市にある「整体院リプレ」には、あなたのようにヘルニアによる腰痛や足のしびれで悩みが深く、整形外科や整骨院などいろんな所に通ったけど思うような結果を得ることができなかったという方が多く来院されます。 もし今回のブログを読んで、「ここなら良くなるかも…」とほんの少しでも思っていただけたのなら、これをきっかけに辛い腰痛や足のしびれをやっつけてしまいませんか? 「もう一人で悩まないで下さい!」 仕事もプライベートも全力で打ち込んでいた以前のあなたを当院で取り戻します。是非あなたのお悩みを聴かせて下さい。   ▼当院のヘルニア治療の詳細はこちらをご覧下さい▼ https://k-reple.com/symptom_menu/%e8%85%b0%e6%a4%8e%e6%a4%8e%e9%96%93%e6%9d%bf%e3%83%98%e3%83%ab%e3%83%8b%e3%82%a2   【整体院リプレ 公式LINE】 友達限定の『とっておき話』を随時配信! 院長に直接無料相談できます! ▼友達登録はこちら▼     【整体院リプレ YouTubeチャンネル】 病態解説、セルフケア方法を動画にてご紹介! ▼ご視聴・チャンネル登録はこちら▼   https://k-reple.com

ホームページ限定
お試しキャンペーン

5月末日までの期間限定

施術1回 通常 5.500

初回限定

1.980

現在ご予約多数の為、ほんの少しでも
「試してみたい」と思われたのなら、
予約が埋まってしまう前にお早めにご連絡下さい。
お電話の際は、
「ホームページ見ました、まだ予約はとれますか?」
とお尋ね下さい。

予約
優先制

今すぐご予約して下さい!

「ホームページを観て、

予約を取りたいのですが」とお伝え下さい。状況により出れない場合がありますが、後ほど必ずおかけ直しいたします!

072-734-8468 072-734-8468

ホームページからのご予約と
整体院リプレLINE@からのご予約は
24時間受け付けております。

整体院リプレ

住所
〒 562-0045
大阪府箕面市瀬川2-3-47
箕面ガーデンハイツ104
アクセス
阪急宝塚線 石橋駅から徒歩12分
無料駐車場あり(2台)
近くにコインパーキングあり
代表者
角山 雄太 (かくやま ゆうた)
電話番号
072-734-8468 072-734-8468

日祝も診療しております。時間外施術は応相談。

営業時間
9:30~19:30

ソーシャルメディア

体に関する豆知識やこぼれ話を随時配信!
ご質問・ご予約もOK!

LINE ID
@dfs3082f
お友達登録はこちら
友だち追加

PAGETOP