趣味やスポーツを楽しみたい『働く大人』の為の整体院。
仕事もプライベートも全力で楽しめる大人になろう!

整体院リプレ

・阪急宝塚線 石橋駅から徒歩12分
・無料駐車場あり(2台)
・近くにコインパーキングあり
日祝も診療しております。時間外施術はご相談下さい。

住 所
大阪府箕面市瀬川2-3-47
箕面ガーデンハイツ104
営業時間
9:30~19:30

整体院リプレのブログ

【モートン病の治し方】テーピングと歩き方を変えるだけで改善できる!|大阪府箕面市・整体院リプレ

    • 箕面のモートン病

今回は、モートン病を自分でも治せる方法についてお話していきます。 今まで病院や整骨院などでも治療を続けても治らなかったモートン病による足裏の痛みやしびれでも、この方法で改善した症例がかなり多いので、是非実践してみて下さい。 モートン病について少しおさらいしましょう モートン病とは、足の真ん中辺り(第3趾と第4趾間の付け根)を通っている神経が骨や筋肉、靭帯によって圧迫されてしびれや歩行時痛、つま先立ちをした時の痛みを引き起こすものです。 モートン病の原因として、足裏の「アーチが弱くなっている」ことが考えられます。 足裏のアーチというのは、足裏の親指の付け根(母趾球)、小指の付け根(小趾球)、踵(かかと)の3つの骨の間に張り巡らされている筋肉や靭帯のことで、内側縦アーチ(土踏まず)と外側縦アーチと横アーチの3つのアーチで構成されています。アーチの役割は歩く時や走る時などの動作で足の骨や神経に負荷がかからないように保護することです。 このアーチが弱くなって動きが悪くなることで、足の骨や神経に負荷がかかり足裏の痛みやしびれを引き起こしたものがモートン病と言われます。 アーチを強くするには「止める」のではなく「動かす」こと! モートン病の治療としてよく挙げられるものとして、靴や中敷き(インソール)を見直して足形を計測してその人に合った靴や中敷きを使って機能回復を促すというものがあります。 確かに、この治療法で一時的に痛みやしびれが緩和することもありますが、これはアーチを止めていることで楽な気になっているだけです。 アーチの動きを止めてしまうと、アーチはどんどん動かなくなりうまく機能できなくなり、最終的には足に装具をつけて生活することになってしまうこともあります。 弱ったアーチを強くするには、アーチを「止める」のではなく、アーチを「動かす」ことをしなくてはいけません。 自分でもできる!モートン病の治し方 以上を踏まえて、アーチの動きを強くスムーズにしてモートン病を改善するための2つの治し方をご紹介していきます。 治し方①:アーチを活性化させるテーピング モートン病の治療として、靴やインソールの他にテーピング療法も用いられることも多いです。ですが、ほとんどのテーピング療法は、同じようにアーチを止めてしまうものになります。 当院でお伝えしているのは、逆にアーチを活性化させて動かしやすいように促すテーピング療法です。市販している伸縮テープ(キネシオテープ)で自分でもできる簡単な方法ですので是非やってみて下さい。   ①長さ15㎝×横幅2.5㎝のテープを2本使います。(テープは横幅5㎝で売られていることが多いので、縦半分にカットして下さい) ②1本目は、足の親指の外側から軽く引っ張りながら足の甲の外側に沿わせて内くるぶしに貼ります。 ③2本目は、足の小指の外側から軽く引っ張りながら足の甲の外側に沿わせて外くるぶしに貼ります。 ④両側から足全体をテープで引っ張る形を作れば、足を動かす度にアーチが動くので、この状態で歩いたり日常生活を送るだけでその動作が治療になります。 動画での解説がこちらをご覧下さい↓↓ 治し方②:靴やインソールを変える前に「歩き方」を変える 近年では、アーチを止めるのではなく活性化させるインソールも出てきています(当院でも取り扱っています)。 ですが、いくら良い靴や良いインソールを使ったり、テーピングでアーチを活性化させても、普段の歩き方に問題があると全く意味がありません。アーチを活性化させる靴やインソールを使うと多少歩き方は良くなりますが、今ままで足に痛みを感じながら生活をしている人は、足をかばうということをしてしまいます。 足をかばいながら歩いてしまうと、どんなにアーチを活性化させる環境を作っても、無意識的に自らアーチの動きを止めてしまいますので、意識的に足をかばわないように歩く練習も必要になります。 アーチを弱める歩き方 足をかばうと、 ●腕の振りが弱い ●歩幅が狭い ●目線が下がっている このように、体の動きを小さくしてできるだけ全身の筋肉やアーチを動かさないようにしてしまいます。 アーチを強くする歩き方 足の痛みを恐れずに、 ◎腕を振る ◎歩幅を広げる ◎目線を上げる 最初は少し怖いかもしれませんが、慣れてくるとこちらの歩き方の方が楽だということに気づくでしょう。アーチを使って正しく歩くことができれば痛みが強くなることもモートン病が悪化することも絶対にありませんので、自信を持って大きく体を使って力強く歩く練習をしましょう。 動画での解説はこちらをご覧下さい↓↓ おまけ:モートン病の簡単セルフケア テーピングや歩き方の改善を行いながら、さらにアーチの動きをスムーズにするために、アーチを構成している筋肉や靭帯を緩める方法もあります。もしよかったら動画を参考にテーピングや歩き方に加えてやってみて下さい↓↓ それでもモートン病による痛みやしびれが治らない場合は? 今回ご紹介した方法でモートン病が改善するケースがかなり多いですが、それでも思うような結果が得られない場合は、間違ったやり方をしてしまっているか、今回の内容がちゃんと理解できておらず足を動かすことに対する恐怖心が取り除けていないか、そもそもモートン病による痛みではないか、のどれかしかありません。 そういう時は、体の専門家ではないあなたが一人だけで何とかしようと思ってもうまくいきません。 自分一人だけで何とかしようと思わずに、なかなか思うように経過が良くならないのであれば最寄りの治療院に相談するか、できることなら当院までご相談して下さい。 追伸… 大阪府箕面市にある「整体院リプレ」では、あなたと同じようにモートン病による足裏の痛みやしびれで、 ・出かけるのが好きなのに今は出かけることを控えている… ・せっかく高いインソールを買ったのに全然良くならない… ・このまま歩けなくなったら家族に迷惑をかけてしまう… ・仕事を辞めないといけなくなったら生活が… といった、深いお悩みをお持ちの方が多く来院されています。 ですが、当院での施術や指導に取り組んでいただいて皆さん痛める以前以上に元気になって充実した毎日を送っておられます。 もし、今回の記事を読んで、 […]

仕事ができる男の足の特徴3つ

    • 箕面のモートン病

その人の足の状態で仕事ができる人かできない人かがわかる この3つがクリアになっているあなたは仕事の進め方が上手で、かつ業績も残せます。しかし、1つでもクリアになっていなければ、「仕事ができない男」というレッテルを貼られてしまいます。   1.足の臭い 足が臭くなるあなたは、下半身の筋肉の動きが悪く、全身の血行不良があります。脳に血液を送ることができないと頭が回転せず効率よく仕事が進まない。   2.靴の形 常にキレイに磨いておくことは言うまでもありませんが、足にタコや魚の目があったり、扁平足や外反母趾や浮き指などの変形があると、靴の型崩れや踵部分のすり減りが起こり、どれだけ磨いても靴が汚れてるように見える。取引先はあなたの靴であなたが信用できる人か判断していることをお忘れなく。   3.足の甲の高さ 足の甲が高いということは、足の外側に体重が乗っているので、常にガニ股になっています。あなたがお得意様だったら、ガニ股で歩いている営業マンを信用できますか? 以上を読んで、少しでも「やばい!」と思ったあなたは、対処方法をお教えしますので、今すぐご連絡下さい。 あなたは必ず「できる男」になります。 姿勢整体院リプレ ホームページ

アキレス腱の痛みの原因

    • 箕面のモートン病

アキレス腱の痛みでよくあるお悩み   姿勢整体院リプレの角山です。 いつもブログを読んでいただきありがとうございます。 今回は、アキレス腱の痛みについてお話していきたいと思います。 アキレス腱の痛みはこのような症状があります。 歩くのが辛い。 立ち姿勢が続くと痛くて座りたくなる。 合わない靴が多い。 寝ている時にうずいて寝付けない。 じっとしててもジワジワ痛くて気になる。 他にもたくさんありますが、代表的な症状は上記の通りです。そして、病院や整体院で出る診断が、「アキレス腱周囲炎(滑液包炎)」「踵骨棘形成」など、難しい言葉を告げられます。 専門家にこんな難しい病名を言われると誰だって不安になりますよね。。。 ご安心下さい。これらの症状はいとも簡単に改善することができます。   アキレス腱の痛みを取り除く2つの方法 やることは2つです。 1、1日3回(朝・昼・夕と決めてやると効果的)踵上げ運動を10~20回行う。 2、普段よく履いている靴に入っているインソール(中敷き)を取り除く。 なぜこれだけでアキレス腱の痛みが取れるかというと、アキレス腱は足裏のアーチと呼ばれる体のバネとクッションの役割をしている部位とつながっています。そのアーチの動きが悪くなるとアキレス腱は体重に押し潰されてしまい、炎症が起きたり、踵の骨が変形を起こします。この2つの方法で足裏のアーチが活性化します。なのでアキレス腱にかかる負荷がなくなり、自然と痛みが消えていくということです。 この2つのセルフケアでまずは2週間お試し下さい。 それでも解決しない場合はご連絡下さい。   体に関する豆知識やこぼれ話が盛りだくさん! ご質問・ご予約もOK! 姿勢整体院リプレLINE@ 今すぐ友達登録して下さい! 姿勢整体院リプレ ホームページ

原因不明の痛み

    • 箕面のモートン病

原因不明=知識不足   自分の体の痛みがなぜ起こっているのか?自分の体はどうなっているのか? 体に異変があれば当然知りたいですよね。 ネット社会になっていつでもどこでも調べたいことをすぐに調べられる。 でも、体の痛みに関して調べても出てくるのは 「原因がわからない。」 「はっきりとして原因はわかっていませんが・・・。」 よくありますよね。 断言します。 原因がない痛みはありません! 存在するわけがありません。 正しくは、「原因不明」ではなく「勉強不足だからわからない」ですね。   もしあなたが体のどこかの痛みで本当にお困りなら、詳しく聴かせて下さい。  

痛みが辛くて病院へ行くと・・・

    • 箕面のモートン病

病院あるある   なかなか取れない辛い痛みで病院へ行くと、 「特に原因がはっきりしないので、とりあえず様子をみましょう。」 といって湿布と痛み止めを出されて帰された。 こういう病院が年々増加しています。 痛みは日に日に悪化して再度病院へ行っても、 「日にち薬ですからね。湿布追加しておきますね。」 ちょっといいですか? 日にち薬なら病院は必要ないですよね。 その日にちを早めるのが病院や整体の役目ではないのでしょうか。   病院の先生はあなたをこんな風に思っています   もちろんそんな先生ばかりではないことは言うまでもありませんが、多くの病院の先生はレントゲンなどの検査で異常がなければ、軽症と判断されます。原因がわからないのではなく、『軽症だから適当に薬だけ出しておこう。』という感じで対応されているんです。 患者さんからしたらたまったもんじゃないですよね! 痛みを取りたくて救いを求めて病院へ行ったのに、そんな適当な対応で帰されて・・・ どれだけ軽症でも、その人が困っているなら原因と治療方法をしっかりと伝えて、痛みのない楽しい生活を提案する。 あなたのお悩み聴かせて下さい。

足つぼマッサージで全部治るの?

    • 箕面のモートン病

  足つぼマッサージを謳っているサロンは数多ありますが、同じ理論で施術をしているところはありません。それぞれの理論や目的を持ってされていると思います。   そのサロンの説明文やホームページを観て自分に合っていそうなところを選んでいただければいいのですが、当院に来られるお客様で足つぼマッサージをしてほしいと言われる方もたまにいらっしゃいます。   当院は、あくまで足裏を活性化させて全身の歪みを整えることを目的としていますので、マッサージを売りにしている訳ではありませんことをご理解いただきたい。   足裏マッサージで足裏が活性化すると思っていませんか?   もちろん必要に応じて足裏の筋肉や腱のマッサージ施術も行いますが、つぼを刺激しているのではなく、緩めて引っ張ってを繰り返して足裏を動かす施術をしています。   私は筋肉や骨格の解剖学は勉強してきましたが、つぼや反応点、反射区などの東洋医学やリフレクソロジーの勉強は一切していません。 他サロンの理論でどれほどの効果があるかは私には判断しかねます。 なのでまずは、あなたが足つぼサロンで何をしてほしいかを明確にして、そのサロンの説明文やホームページを観てあなたの欲求を満たしてくれそうな所に通って下さいね。     体に関する豆知識やこぼれ話が盛りだくさん! 姿勢整体院リプレLINE@ 今すぐ友達登録して下さい! https://line.me/R/ti/p/%40dfs3082f   仕事を楽しむwebマガジン「B-plus」にて、元ボクシング世界王者の畑山 隆則 さんと対談しました。対談記事はこちらでご覧いただけます!   姿勢整体院リプレホームページ https://k-reple.com/

魚の目やタコはどこにできますか?

    • 箕面のモートン病

まずは魚の目やタコがあることに気づきましょう!   裸足になることが多いこの暑い時期ですが、裸足になると足の形や皮膚の異常に気付く方も多いのではないでしょうか。   「こんなところにタコあったんや。」 「なんか痛いと思ったら魚の目できてるやん!」 「知らんうちに足から血出てるやん!」 「足汚っ!」   みたいな感じで、いろいろ発見があると思います。 ここで確認していただきたいことは、タコや魚の目があるあなた。 どこにできていますか? 魚の目やタコの位置であなたの体の状態がわかる!   黒い部分に出来ているあなた ⇒外反母趾はありませんか?歩いている時に痛みはありませんか?X脚ではありませんか?   赤い部分に出来ているあなた ⇒偏平足ではありませんか?歩いている時に膝が崩れませんか?太ももがすぐに疲れませんか?   緑の部分に出来ているあなた ⇒よく捻挫しませんか?すねの筋肉がパンパンではありませんか?O脚ではありませんか?   青の部分に出来ているあなた ⇒歩いていると踵が痛くありませんか?腰痛ではありませんか?踵からトゲが生えていませんか?   足にできたタコや魚の目だけでこれだけ判断材料があります。 今は症状がなくても今後起こりうるものなので、今のうちに対策をして下さいね。 もうすでに症状があるあなたはすぐに対策をして下さい!   放置しておくと歩くことができなくなり、将来寝たきりの人生を送ることになります。   時間は取り戻せませんよ。   足だけではなく、体に関する豆知識や寝たきりにならない方法やここだけの話が盛りだくさん! 姿勢整体院リプレLINE@ https://line.me/R/ti/p/%40dfs3082f   仕事を楽しむwebマガジン「B-plus」にて、元ボクシング世界王者の畑山 隆則 さんと対談しました。対談記事はこちらでご覧いただけます!   姿勢整体院リプレホームページ https://k-reple.com/

モートン病ってご存知ですか?

    • 箕面のモートン病

今回は、モートン病についてのお話しです。 あまり聞かない病名だと思いますが、意外になっている方が多くて、病院や整形外科での治療でもなかなか改善しない難治性の疾患として近年話題になってきています。 中年の女性に多いと言われる疾患で、日本語では「絞扼性神経障害」といいます。何のこっちゃだと思いますので、もう少し詳しく説明すると、 足の真ん中らへん(第3趾と第4趾間の付け根あたり)を通っている神経が骨や筋肉、靭帯によって圧迫されてしびれや歩行時痛、つま先立ちをした時の痛みを引き起こすものです。 病院によっては「原因不明」で片づけられてしまうところもあるそうです。 しかし、原因は明確です。 「足裏のアーチ」がうまく動いていないことでモートン病は起こる! モートン病はこの足裏のアーチが大きく関係しています。足裏のアーチと言う言葉は聞いたことがあるけどいまいちよくわかっていないという方が多いのでアーチについて簡単に説明します。 足裏のアーチとは? 足裏の親指の付け根(母趾球)、小指の付け根(小趾球)、踵(かかと)の3つの骨の間に張り巡らされている筋肉や靭帯のことで、内側縦アーチ(土踏まず)と外側縦アーチと横アーチの3つのアーチで構成されています。アーチを構成する筋肉や靭帯が歩く時や走る時などの動作で足の骨や神経に負荷がかからないように保護しています。 このアーチが弱くなって動きが悪くなることで足の骨や神経に負荷がかかり足裏の痛みやしびれを引き起こしたものがモートン病と言われます。 近年、足裏のアーチについての文献や、ホームページなどでアーチの重要性やモートン病に関する資料を掲載している病院や治療院も徐々に多くなってはきていますが、 モートン病で苦しんでいる方は年々増えています!   なぜなのか?それは、 足裏のアーチに対するアプローチが正しく出来てないからです。   一般的なアーチに対するアプローチではモートン病は治らない! 一般的な足裏のアーチのアプローチとして、 ・足裏のマッサージやストレッチ ・中敷きや足底板を使ったインソール療法 ・サポーターによる保存療法 ・痛み止めの薬や注射による対処療法 などが挙げられます。 あなたもこれらの治療を続けていたのではないでしょうか? 確かにこれらの方法で一時的に改善がみられることもありますが、ほとんどの場合治療の翌日から数日で足裏のしびれや痛みなどの症状が起こってしまいます。 なぜなら、これらの処置はすべて「その場しのぎの気休め」の治療にすぎないからです。これらの処置では足裏のアーチが弱くなってしまった大元の原因までは解消できません。 足裏のアーチを強くしてモートン病を改善するには? モートン病を改善するには、足裏のアーチが弱くなってしまった大元の原因に対するアプローチをしていく必要があります。 もし今まで上記に挙げた治療を長年続けていて、なかなか思うような結果が得られていないのであれば、その大元の原因を突き止めて根本的な部分に対するアプローチを試してみては? ちなみに当院では、施術やテーピングを用いてアーチを強くしたり、患者さん自らアーチを強くできるセルフケアのご指導をしてモートン病の根本改善を患者さんと一緒に取り組んでいます。具体的にどのようなことをしているのかを他のブログ記事にまとめてあります。あなた自身でも簡単にできるモートン病のケア方法も記載しておりますので是非ご覧下さい↓↓ https://k-reple.com/blog/%e3%83%a2%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%b3%e7%97%85-%e6%b2%bb%e3%81%97%e6%96%b9-%e3%83%86%e3%83%bc%e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%b0-%e6%ad%a9%e3%81%8d%e6%96%b9 追伸 個別でのご相談、当院の施術を希望の方はお電話もしくはホームページ、LINEよりお願いします。 ↓↓LINEへの登録は下のボタンをクリックしてください↓↓

○○の人は足の疲労骨折を起こす!

    • 箕面のモートン病

足の疲労骨折は気づかないうちに起こっている!   「なんか最近歩いていると足が痛い」 「そのうち治るかなと思って放っていたらどんどん痛みが強くなってきた」 「足に分厚い布を被せているみたいな違和感がある」 「一ヵ所だけ痛みが強い部位がある」   こんな症状があるあなたは、足の骨に疲労骨折が起こっている可能性があります。 疲労骨折は肩こりや腰痛と同じように徐々に痛みが強くなることが多いです。   特に足の骨のように細かい骨や背骨のように平たい骨に起こりやすく、そのまま気づかずに放置しておくと骨折部分が引っ付かずに治癒してしまい偽関節と呼ばれる現象が起こり、その部位は不安定になり無駄な疲労が溜まりやすくなってしまいます。その疲労からまた近隣の骨に疲労骨折が起こるという悪循環になります。 足の疲労骨折が起こりやすい人の特徴   足の疲労骨折が起こりやすい要因は、 ・外反母趾 ・内反小趾 ・偏平足 ・開帳足 ・ハイアーチ 大きくこの5つです。   これらはいずれも足裏のアーチと呼ばれる体のバネとクッションの役割をしている部位が潰れている状態です。 足裏のクッションがなくなると、歩いている時などに足にかかる衝撃がすべて足の骨にかかってしまう為骨に疲労が溜まり、耐え切れなくなった時に骨折を起こします。 「では、クッション性が高い靴を履けばいいのでは?」 という声が上がってきそうですが、これがあまり意味がありません。下からの衝撃を吸収できても、自分の体重という上からの衝撃には全く効果はありません。むしろ上からの衝撃を足で吸収できないと背骨で吸収しようとしますので、背骨の疲労骨折が起こります。 脊椎分離症が代表例ですね。分離症は疲労骨折が起こってそのまま癒合せずに偽関節になってしまった状態です。   分離症の人は腰の疲労が起きやすいですよね。   体全体の負担を少なくするためには、足裏のアーチを活性化させることが必要不可欠です! 上に挙げた5つの症状のうち、一つでもあてはまるあなた、もうすでに痛みが出ているあなた。 早めの処置をおすすめします。     体に関する豆知識やこぼれ話が盛りだくさん! 姿勢整体院リプレLINE@ https://line.me/R/ti/p/%40dfs3082f   仕事を楽しむwebマガジン「B-plus」にて、元ボクシング世界王者の畑山 隆則 さんと対談しました。対談記事はこちらでご覧いただけます!   姿勢整体院リプレホームページ https://k-reple.com/

〇〇で歩くと踵からトゲが生えてきますよ

    • 箕面のモートン病

歩いていると痛いあなた、要注意です!   歩いていると踵に痛みが出るあなたは踵からトゲが生えている可能性があります! これは骨棘(こつきょく)といって踵の骨が歩く時の衝撃で徐々に突起状になり特にアキレス腱の付着部や側面に出来やすく、そのトゲが周りの筋肉や腱などの組織をザクザク刺してしまいます。 骨棘ができやすくなる歩き方は、 「踵から足を着地させる歩き方」 です。 この歩き方はほとんどの方がされているのではないでしょうか??  歩く時に踵に強い衝撃を与えるばかりか、踵は丸いのでいわゆる「玉乗り」をしてる状態になりますので、全身が非常に不安定になります。   踵から着く歩き方は間違った歩き方   踵歩きになっているあなた、   今すぐ止めて下さい!!   「自分の靴は靴底にエアーが入ってるから大丈夫!」と思ったあなた、   なおさら危険です!!   フカフカのクッションの上で玉乗りできますか?? それと同じ状態で歩いていると思って下さい! この事実を知った上でもう一度伺います。 あなたの靴と歩き方は大丈夫ですか? 踵歩きになっていませんか? 靴底に空気やクッションは入っていませんか?   不安になったあなた、それでいいんです。この事実を理解できたからこそ芽生える不安ですから。まだピンと来ないあなたは、痛みが強くなったり病院で衝撃的な言葉を言われた直後にこの話を思い出して後悔されることでしょう。 今すぐ対処をするかしないかはあなた次第です。 唯一無二の大切な体をあなた自身でしっかり守って下さい。   体に関する豆知識やこぼれ話が盛りだくさん! ご質問・ご予約もOK! 姿勢整体院リプレLINE@ 今すぐ友達登録して下さい! 仕事を楽しむwebマガジン「B-plus」にて、元ボクシング世界王者の畑山 隆則 さんと対談しました。対談記事はこちらでご覧いただけます!   姿勢整体院リプレ ホームページ

ホームページ限定
お試しキャンペーン

6月5日までの期間限定

施術1回 通常 5.500

初回限定

1.980

現在ご予約多数の為、ほんの少しでも
「試してみたい」と思われたのなら、
予約が埋まってしまう前にお早めにご連絡下さい。
お電話の際は、
「ホームページ見ました、まだ予約はとれますか?」
とお尋ね下さい。

予約
優先制

今すぐご予約して下さい!

「ホームページを観て、

予約を取りたいのですが」とお伝え下さい。状況により出れない場合がありますが、後ほど必ずおかけ直しいたします!

072-734-8468 072-734-8468

ホームページからのご予約と
整体院リプレLINE@からのご予約は
24時間受け付けております。

整体院リプレ

住所
〒 562-0045
大阪府箕面市瀬川2-3-47
箕面ガーデンハイツ104
アクセス
阪急宝塚線 石橋駅から徒歩12分
無料駐車場あり(2台)
近くにコインパーキングあり
代表者
角山 雄太 (かくやま ゆうた)
電話番号
072-734-8468 072-734-8468

日祝も診療しております。時間外施術は応相談。

営業時間
9:30~19:30

ソーシャルメディア

体に関する豆知識やこぼれ話を随時配信!
ご質問・ご予約もOK!

LINE ID
@dfs3082f
お友達登録はこちら
友だち追加

PAGETOP