大阪府箕面市で今、話題沸騰中の整体院!どこに通っても改善しない症状に絶対の自信あり。他の院とは明らかに違う施術を体感下さい。

整体院リプレ

・阪急宝塚線 石橋駅から徒歩12分
・無料駐車場あり(2台)
・近くにコインパーキングあり
土日祝も診療しております。時間外施術はご相談下さい。

住 所
大阪府箕面市瀬川2-3-47
箕面ガーデンハイツ104
営業時間
9:30~19:30

整体院リプレのブログ

なぜヒアルロン酸注射を打ち続けても膝の痛みが取れないのか?|箕面・整体院リプレ

    • 箕面のO脚X脚
    • 箕面の変形性膝関節症
    • 箕面の膝の痛み

膝の治療で整形で定期的にヒアルロン酸注射を打っているが、楽なのはその時だけですぐに元の痛みが出てくる。 注射した後の方が膝が痛くて、数日歩けなくなって「こんな生活いつまで続くんだろう…」と不安になっている。 そんなあなたへ。 なぜヒアルロン酸注射を打ってもあなたの膝の痛みが治らないのか?その謎を解明していきましょう。 膝の痛みに対するヒアルロン酸注射の目的 ヒアルロン酸注射が効果的なのは、膝関節表面の軟骨がすり減っていたり、変形がある場合です。それ以上関節が摩耗しないようにヒアルロン酸というクッションの役割をする成分を関節内に注入して関節にかかる衝撃を吸収して和らげるという治療になります。 もし、あなたの膝の痛みがこの軟骨のすり減りや変形から起こっているものであれば、この治療は非常に効果が期待できます。 ヒアルロン酸注射で膝の痛みが取れないということは… しかし、あなたはヒアルロン酸を打っても一時的な改善かもしくは全く変わらない、打った後に痛みが悪化するという結果になるんですよね。 ということは、あなたの膝の痛みは軟骨や変形などの関節や骨の問題ではない可能性が高いということです。 ヒアルロン酸注射で膝の痛みが取れない時はこれを試そう! 関節や骨以外に膝の痛みが起こる原因として、膝周りの筋肉の緊張や硬さが最も多く挙げられます。 もし以下の2つの方法で膝の痛みに少しでも変化が見られたら、あなたの膝の痛みは筋肉の硬さからきているものである可能性が高くなりますので是非やってみて下さい。   膝を伸ばすスクワット 従来の膝を伸ばした状態から膝を曲げて腰を落としていくスクワットは、筋肉の硬さをかえって強めてしまいますから、動画で解説している「膝を曲げた状態から伸ばすスクワット」を行って下さい。 膝を伸ばす動きが膝周りの筋肉に適度な張りを作り、関節を安定させます。朝起きた時や出かける前など、今から動き出すというタイミングで行うとより効果的です。 歩き方の見直し 膝の痛みがあったり、病院で変形があるなどと診断されていると、歩く時に膝が悪くなるのが怖いのと痛みを出さないようにする為に、できるだけ動きを小さくして歩いていませんか? 実は、膝をかばって小さく歩く方が筋肉が固まりやすくなって余計痛みが取れなくなります。なので、動画で解説しているように大きく早く歩く、それが怖いならかかと上げ運動で歩く準備体操をしてから歩くようにして下さい。 一度大きく歩いても大丈夫だと自分でわかれば、その後は怖さがなくなって自然と大きく早く歩くようになります。そしてどんどん痛みが取れていくというメカニズムです。 ヒアルロン酸注射で膝の痛みが取れない時は? ヒアルロン酸注射を続けても膝の痛みが取れないなら、痛みの原因が関節ではなく筋肉であるという考え方に変えましょう。同じ考え方のもとでいくら治療を続けても結果は同じですしますます悪くなっていくだけです。 少し見方を変えてみて、今までと違う観点から治療をしていくとまた違った結果が出ますから。今までの治らなかった治療は忘れましょう。 まずは、上記でお伝えした方法を試していただいて、それでもまだうまく改善できない、もっといい方法が知りたいと思われたのなら一度当院までご相談下さい。

【スポーツによる股関節痛】ジョギング後に股関節が痛くなる…|箕面・整体院リプレ

    • 箕面のスポーツ障害
    • 箕面の変形性股関節症
    • 箕面の股関節痛

健康の為にジョギングをしているけど、終わった後にいつも股関節や足の付け根が痛くなる。 ストレス発散の為にやっているのにこれでは何のためにやってるのかわからない。 そんなお悩みをお持ちのあなたへ。 なぜジョギング後に股関節痛が出るのかを理解してしっかり予防できるようにしましょう! ジョギング中ではなく後に股関節が痛くなる理由 ジョギング中から起こる痛みであれば筋肉や関節の炎症が考えられますが、終わった後に痛みが出てくる場合は、動かして疲労した筋肉が急激に硬くなり、股関節の動きが悪くなることで起こることが多いです。 運動後の筋肉の急激な緊張が起こる原因として、運動後のケア不足、つまり、整理体操やクールダウンを怠っていることが挙げられます。 使った後の筋肉は、放置すると疲労を回復させるために緊張を起こして動かないようになります。この現象を防ぐために筋肉内にある疲労物質を効率よく流すためにクールダウンやストレッチといったケアをしなくてはいけません。 ジョギング前ではなく後のケアが最も大切! ほとんどの人は、ジョギング前に入念にストレッチや柔軟などの準備運動をしますが、実は運動前にはそこまで入念に準備運動をしなくてもいいのです。 アスリートレベルの運動であれば話は別ですが、日頃の運動不足、ストレス解消程度のジョギングであれば準備運動なしでもいいくらいです。 大事なのは、使った後にいかに筋肉を硬めないかです。いつもジョギング前にしっかり準備運動するというあなたは、その準備運動でやっていることを終わってからやってみて下さい。それだけでも筋肉の緊張状態が変わります。 ジョギング後だけでなく普段からやってほしい股関節のストレッチ おすすめの股関節のストレッチを動画にて解説いたします。、これはジョギング後だけでなく、普段から習慣的にやっていただければさらに効果的です。 このストレッチは、本来寝る前の1分で一日の疲れを取り除いて股関節の動きをスムーズに保つためのものですが、ジョギング後のクールダウンとしても効果が高いので是非試してみて下さい。 股関節が痛くなることがないようにジョギングを楽しみましょう! せっかくストレス発散や運動不足解消の為にやっているのに不健康になってしまってはやっている意味がありませんし、かえってストレスが溜まってしまいます。 闇雲にやって痛くなるのではなく、正しいやり方で正しい体づくりをして楽しくジョギングができるように心がけましょう。 股関節痛の治療に関するご質問や今回の記事に対するお問い合わせがありましたら疑問を残したままにせずにすぐに当院までご相談下さいね。

膝がしゃがむと痛い時はこの2つの方法を是非お試し下さい!|箕面・整体院リプレ

    • 箕面の変形性膝関節症
    • 箕面の膝の痛み

自宅の家事や庭いじりをする時に膝が痛くてしゃがむのが辛い。仕事でしゃがみ姿勢が続くので支障が出ている。 そんなお悩みをお持ちのあなたへ。 しゃがむ時に膝の痛みがある時に是非試していただきたい2つの方法がありますので、すぐにやってみて下さい。 しゃがむと膝が痛い時はこうしてみましょう! しゃがみ姿勢をする時に、ほとんどの人が脚を閉じながら行っています。脚を閉じるという姿勢自体太ももや膝を動かしている筋肉を固めてしまうので、この状態で膝を曲げようとするとうまく筋肉が伸びずに痛みが出てしまいます。 しゃがむ動作をスムーズにするには、いかに膝周りの筋肉を硬めないようにするかが重要になります。以下の2つのしゃがみ方でしていただくと筋肉を固めずに曲げることができます。 脚を広げてしゃがむ 少し抵抗があるかもしれませんが、このしゃがみ方は太ももの特に内ももの筋肉が緩んだ状態になります。内ももの硬さがしゃがむ時の膝の痛みに最も関与しますから、膝の動きを邪魔しないように筋肉の張りをこのしゃがみ方で取り除きましょう。 また、脚を閉じたしゃがみ方は体全体が不安定になりますから、その不安定感を止めようと余計に膝周りの筋肉に負担がかかってしまいます。 片足だけでしゃがむ しゃがみ姿勢をする目的は、低い姿勢で作業をする為ですよね。であれば、きれいにしゃがむ必要はありませんよね。 片足だけしゃがむ立膝の状態を作ると太ももの筋肉が緩みやすくなって膝がスムーズに曲がります。とにかく太ももや膝周りの筋肉を固めないということが大前提です。 しゃがみ姿勢のこだわらなければ、膝に痛みを出さずに低い姿勢を作ることはいくらでもできますので、ご自分でいろいろ試してみて下さい。 しゃがむと膝が痛い原因をしっかりと取り除きましょう! しゃがむと膝が痛い原因は、太ももや膝周りの筋肉の緊張によって膝の動きが悪くなっていることですので、まずは、上記でお伝えした筋肉を硬めないしゃがみ方をしていただき、それでもまだ残る痛みや曲げにくさはストレッチやマッサージなどで緩めていかないといけません。 よりしっかり筋肉の硬さを取っていこうと思うとご自分ではなかなかうまくできないと思いますので、当院であなたの膝の痛みを根本改善させるお手伝いをさせていただきます。 もしご興味がおありでしたら是非ご相談下さいね!

【股関節痛】自宅でストレッチをしていて悪化したあなたへ|箕面・整体院リプレ

    • 箕面の変形性股関節症
    • 箕面の股関節痛

「股関節の痛みを自分で解消しようと自宅でストレッチをしたら余計に痛みが強くなった。」 「病院で教えてもらったストレッチをしているのに痛みが変わらない。」 そんなお悩みをお持ちのあなたへ。 股関節痛を取る為に、確かにストレッチはとても効果的なのですが、なぜ痛みが出たのか?伸ばすべき筋肉がちゃんと把握できているか?ここがクリアになっておらずただ闇雲にストレッチをしても逆効果です。 股関節痛がストレッチで悪化する理由 股関節痛は、股関節を動かしている筋肉が普段の生活の動作や姿勢の悪さで緊張して硬くなり、うまく伸び縮みできなくなって起こることが多いです。 股関節を痛める前からストレッチを習慣的に行っている人であれば、筋肉の緊張をうまく取り除くことができますが、痛みが出てからストレッチを始めても、慣れていないことをすることでかえって筋肉に緊張が起こって痛みが強くなってしまうこともあります。 股関節が悪化しないように正しいストレッチをしましょう ストレッチをする習慣がない人は無理にきついことはせずに、これからお伝えする簡単にできることから始めて下さい。 この方法は変な力が入らずにかつしっかりと伸ばすことができる初心者向けのストレッチ方法ですので是非試してみて下さい。 足の付け根を伸ばす 立ち姿勢で足首を持って後ろに引き上げます。バランスが崩れてしまうとい人は、椅子の上に膝を乗せて行って下さい。 動画ではさらに体の負担を少なく、かつしっかりと足の付け根を伸ばせる方法をご紹介していますのでご参照ください。 寝る前に股関節全体を伸ばす 寝る前はに一日の筋肉の疲れを取り除くことで翌日の動きが快適になります。股関節を痛めていない人でも一日の疲れを残したまま翌日に持ち越してしまっていて、それが積み重ねでいろんな障害が起こります。 寝る前のたった1分でいいので、股関節のストレッチをして下さい。股関節を伸ばすと全身の筋緊張が緩和しやすくなり、リンパの流れも良くなり睡眠の質が上がります。 動画を参照して寝る前の簡単股関節ストレッチを習慣づけましょう! 股関節を固めないようにすることが悪化防止や改善につながる! 要は、股関節を固めないようにすることができれば痛みを予防出来て悪化も防止できるというわけです。 ストレッチをすることが大事なのではなく、股関節周りの筋肉を柔らかく保つということが大事なので、その目的だけは忘れずにケアをしていって下さい。 ストレッチだけでは股関節の筋肉がほぐれないという人は、マッサージや運動など、他の筋肉を柔らかくする方法を試してみましょう。 どんなことをすればいいのかわからないというあなたは、当院であなたに合ったケア方法をご紹介いたしますので是非ご相談下さい。

【ズキッとする膝の痛み】膝の内側がひねると痛い原因と予防方法|箕面・整体院リプレ

    • 箕面の変形性膝関節症
    • 箕面の膝の痛み

立ち上がる時や動き始めに膝をひねると内側に痛みが走ることはありませんか? この現象はある部分の筋肉に対するアプローチで簡単に予防・解消することができます。 ご自分でもできるとても手軽な方法ですので是非覚えておいて下さいね。 膝の内側がひねると痛い時はある筋肉を緩めると予防になる そもそもひねるという動作は膝関節が行う動作ではなく、股関節の回転運動でなされるものです。この時に内ももの筋肉が引っ張られるために、内ももの筋肉が何らかの理由で固まってうまく伸びなくなってしまっている時にひねると内ももの筋肉の付着部である膝の内側に痛みを感じます。 なので、膝に対するアプローチではなく、内ももの緊張を緩和する為の処置やアプローチが効果的というわけです。 膝の内側の筋肉を緩める方法 整体やマッサージサロンでの施術でほぐすのももちろん効果が高いですが、施術だけではほぐれるのに時間がかかります。 ご自分でもできる内ももの筋肉に対するセルフケア方法がありますので是非お試しください。 予防方法①:内もものストレッチ 内ももはとてもデリケートな筋肉ですので、強い刺激やストレッチを加えるとすぐに緊張を起こしてかえって痛みがきつくなってしまいます。 動画のように、立ち姿勢でゆっくりかつしっかりと内ももを伸ばして緊張を緩和するようにしましょう。 慣れてきたら地べたに座って開脚ストレッチなどをしていただくとよりしっかり伸ばすことができますが、慣れていない時に開脚をすると変な力が入って固まってしまいます。 予防方法②:寝る前の股関節ストレッチ 寝る前の習慣として、一日の筋疲労をリセットするという意味で股関節全体のストレッチをすることも非常に効果的です。 内ももだけでなく、お尻の筋肉や太ももの裏の筋肉も一緒に伸ばすことで股関節の柔軟性が高くなり、膝を捻る動作がよりスムーズにできるようになります。 動画を参考に、寝る前の1分間で股関節全体をしっかり伸ばして翌日への活力として下さいね。 膝の内側をひねると痛い時の予防法まとめ 膝を捻るという動作は股関節の動きなので、膝に対するアプローチではなく、股関節の特に内もものアプローチをしていくことで痛みは軽減していきます。 まずは今回お伝えしたセルフケアを試していただいて、それでも痛みの改善がみられないという場合は、歩き方や普段の姿勢など、もっと基本的な体の使い方の問題であることが考えられます。 その場合は自分一人では解決できません。当院でしっかりサポートさせていただきますのですぐにご相談下さい。

ウォーキングで膝の痛みが起こる理由とすぐできる対処方法とは?|箕面・整体院リプレ

    • 箕面の変形性膝関節症
    • 箕面の膝の痛み

ウォーキングしている時や歩いて出かけている時に膝が痛くなるあなた。 誰でもやっている「歩く」という動作でなぜ自分だけ膝が痛くなってしまうのでしょうか? 今回は、膝の痛みが出やすい歩き方の特徴と痛みが出ないようにするにはどうやって歩けばいいのかをお伝えしたいと思います。 膝の痛みが出やすくなるウォーキング方法とは? 歩く時に膝を痛める人の特徴として、 下を向いて歩いている 歩幅が狭い 腕を振っていない この3つのうちどれか1つでも当てはまっているはずです。こういった姿勢や歩き方をしていると膝周りの筋肉が硬くなってしまい、膝の動きが悪くなってしまいます。 間違ったウォーキングは膝の痛みを悪化させる! 膝の痛みを解消する為に、歩くというのは確かに効果が高い方法ではありますが、上記に挙げた膝周りの筋肉を固めてしまうような間違った歩き方でいくら歩いても全く効果はありません。 むしろ、歩けば歩くほど膝の筋肉は固まって動きが悪くなっていきますので、今以上に状態が悪化することでしょう。 痛み解消の為の運動が痛みを自ら増強させる運動にしてしまっている事実に速く気付きましょう。 ウォーキングで膝の痛みが出ないようにする対処方法 歩くという本来膝の痛みを解消するための素晴らしい運動療法をしっかり活かすためには、 目線を進行方向に向けて歩く 歩幅を広く、体と足を同時に前に出して歩く 腕をしっかり振って腕の推進力で前に進む この3つを意識して歩くことです。 おそらく膝を痛める以前のあなたなら、この歩き方が自然とできていたはずですから。以前の、元気だった時の自分を思い出してその時の自分の真似をして下さい。 もし、意識してもなかなかうまく歩けないというあなたは、以下の動画を参考にして歩く練習をしてみましょう。 ウォーキングで膝の痛みを起こさない対処方法まとめ 対処方法を一言で言うと、 膝を痛めていない人の歩き方の真似をしましょう! ということです。 今のあなたは、膝が悪い人の真似をして歩いていますから、自分がなりたい姿を思い浮かべて、その姿になる為に今何をするべきなのかを考えて、怖がらずにしっかり膝を動かしていきましょう。 もし、自分一人ではやっていく自信がないというあなたは、当院でお手伝いいたしますので是非ご相談下さいね!

【膝の痛みから卒業】たった2つの筋トレでつらい痛みを解消!|箕面・整体院リプレ

    • 箕面のO脚X脚
    • 箕面の変形性膝関節症
    • 箕面の膝の痛み

「膝をきたえるように指導されたが、どうやってきたえたらいいのかわからない」 「病院でもらった冊子に書いてある膝のトレーニングをしたら余計痛みが強くなった」 というようなお悩みをお持ちのあなた。 闇雲にトレーニングをしても効果がないですし、かえって膝の痛みを悪化させてしまうこともありますので、今回は無理な負担がかからずかつ効果的な方法をご紹介します。 膝の痛み解消の為の筋トレはこの2つだけで十分! 膝の痛みを解消するのに必要なのは、膝周りの筋肉の硬さを取り除くことです。たとえ膝が変形していたり、軟骨がすり減っていたとしても膝周りの筋肉が柔らかくなっていれば動かす時の痛みは軽減します。 筋肉の柔軟性をつける方法として以下の2つが最も膝の負担が少なくかつ効果的ですので是非試してみて下さい。 膝の腱(けん)のトレーニング 膝のトレーニングとして最もよく行われる、 「椅子に座って膝を曲げ伸ばしするトレーニング」というものがあります。 実はこのトレーニングは太ももに対する筋トレ方法であって膝自体にはあまり効いていないのです。 膝を強くするのであれば、もっと膝関節に近い部分で動かさなくてはいけません。動画を参考に膝の腱(けん)と呼ばれる筋肉と関節の付着部分のトレーニングを行って下さい。 膝を伸ばすスクワット 一般的な、 「立った状態から背すじを伸ばしながら膝がつま先から出ないように曲げていくスクワット」というものがあります。 動画でも解説しているように、この一般的なスクワットは膝関節を不安定にさせるので膝の筋トレとしてはお勧めできません。 逆に、膝を曲げた状態から伸ばしていくというスクワット方法をすると膝関節が安定してやればやるほど強くなっていきます。 正しい筋トレ方法でスムーズに膝の痛みを解消しましょう! 膝を強くするトレーニング方法は世の中にたくさんあります。しかし、ほとんどの方法は膝周りの筋肉を余計固めてしまったり、関節を不安定にさせるものばかりです。 確かに場合によってはそれらの方法も有効になることもありますが、膝を痛めている人の多くは膝を動かしている時に痛みを感じるはずです。 動かす時に筋肉が柔らかくなっていれば、動きがスムーズになって痛みが解消できるので、筋肉を柔らかくするためのトレーニングをメインで行う方が効果が高いです。 まずはこんかいお伝えしたトレーニング方法を実践していただき、一日にどれくらい行えばいいのか?いつまで続ければいいのか?などの疑問が出てきたらすぐに当院までご相談下さいね。

変形性膝関節症の原因は加齢だけではないことをご存知ですか?|箕面・整体院リプレ

    • 箕面のO脚X脚
    • 箕面の変形性膝関節症
    • 箕面の膝の痛み

膝の痛みの代表的なものといえば「変形性膝関節症」という疾患で、その原因は加齢による衰え、つまり「歳のせい」というものが最も多く挙げられます。 しかし、変形性膝関節症の原因は加齢によるものだけではなく、もっと基本的な体の使い方の間違いだったり、普段気にも留めていないところに潜んでいることもあります。 変形性膝関節症は加齢が原因ではない?! もし加齢が原因で変形が起こっているならば、同じ年代の人は全員膝が変形しているということになりますし、多くの方は変形の進み具合や痛みの出方に左右差があります。 右膝も左膝も同じ年月を重ねているはずなのに変形や痛みに偏りがあることも矛盾しています。同じ年代でも膝が変形してしまう人としない人の違いは何なのでしょうか? 変形性膝関節症の本当の原因 実は、変形の原因として加齢による衰えはあまり関係なく、多くは以下の2つの原因で膝の変形が起こっています。 歩き方の問題 普段同じ姿勢で過ごしていることが多い、昔足首を捻挫した、足を骨折したなど過去の外傷があると脚部の筋肉がうまく動かずに歩く時に小さい動作になってしまい膝周りの筋肉が固まって縮んで膝を歪ませて変形や痛みが起こります。 少し怖いかもしれませんが、あえて腕を振ったり、歩幅を大きくして歩く動作を大きくしてみて下さい。動かすことで筋肉がやわらかくなって膝の動きがスムーズになってきます。 靴の問題 う自宅でスリッパやサンダルを履いていると脱げないように脚に変な力がはいってしまったり、長年履いていて形が崩れていたり、かかと部分がすり減っている靴を履いているとせっかくうまく歩けていても靴が脚の動きを邪魔をしてかえって膝に負担がかかってしまいます。 履き脱ぎがしやすくて靴底ができるだけフラットな軽い靴を選んで歩くようにしましょう。靴1つで膝の状態が簡単に良くも悪くもなります。 加齢が進んでも、それが原因で変形性膝関節症が起こらないようにしましょう! 年齢を重ねて一時期よりも筋力が落ちたとしても、正しい歩き方や身体の使い方をしていれば少ない筋力で日常生活を送ることができますので膝を痛めたり変形したりすることはなく何の問題もありません。 80歳、90歳でもジョギングしたりスポーツをしている人は自然と膝に負担がかからない体の使い方ができていますし、そもそもその人たちの頭の中には「歳だから仕方ない」という概念がありません。 常に「加齢なんか関係ない!」という強い意志のもとで生活をしていますから、まずは考え方から変えていきましょう。 最初から諦めていてはどんなに効果的な膝の治療や運動をしたところで何も変わりません。自分がやっている事、やろうとしていることに自信を持って取り組みましょう。 もし自分がやっている、やろうとしている膝の治療に少しでも不安があるというあなたは是非当院までご相談下さいね。

【いつになったら治る?】マッサージで腰痛が治らない2つの理由|箕面・整体院リプレ

    • 箕面の腰痛

腰痛で長年整骨院でマッサージをしてもらっているが楽なのはその時だけですぐにまた元に戻る。もうこうやってうまく付き合っていくしかないのかな?と思っているあなた。 マッサージでも腰痛が治らないのには理由があるのです。その理由が分からないから今の状態が続いているんです。 ずっと取れない腰痛でも、少し見方を変えれば簡単に取れることもありますので、今回のブログを参考に今までとは違うアプローチ方法を試してみて下さい。 なぜマッサージをしても腰痛が治らない? 腰痛になったらマッサージで腰の筋肉をほぐすと楽になると思いがちですが、ただほぐせばいいというものではありません。やり方やほぐす部位を間違えると改善しないばかりか余計に腰痛が強くなったりします。 特に以下の2つの理由でマッサージによる腰痛の悪化がよく起こります。 理由①:刺激が強い 腰をほぐす時は、うつ伏せで腰に圧をかけて揺らしたり肘でじわーっと腰を押さえたりすることが多いのですが、この時に腰にかかる圧が強すぎて、過度の刺激による筋肉の緊張が起こっていることで痛みが出やすくなります。 いわゆる『揉み返し』という現象もこの刺激に入りすぎによる筋肉の緊張が原因です。もしマッサージを受けていて少しでも「きつい」「痛い」という感覚があれば施術者に弱めの圧でしてもらうように伝えて下さい。 理由②:腰しかマッサージしない 腰痛の原因は腰の問題ではないことがほとんどです。多くは太ももの筋肉やお尻の筋肉の硬さを腰がかばうことで負担がかかり起こりますから、腰に対する処置に加えて太ももやお尻の筋肉など、大元の原因となっている部位に対しての処置もしていかないと痛みは取れていきません。 多くの整骨院やマッサージ屋さんは、腰痛と言われると腰に対するマッサージしかしません。それで一時的には楽になるかもしれませんが、その場しのぎですぐに元の痛みに戻ります。 腰痛を解消する2つのポイント 以上を踏まえて、腰痛を改善していくために必要な処置のポイントを2つお伝えします。 その①:太もものストレッチを加える 腰に負担をかけている太ももの筋肉に対する処置で、特に内ももの筋肉の硬さが腰の負担に大きく関係し、お尻の筋肉とも連動している為に、内ももの硬さを取り除く処置が腰痛改善の大きな一歩になり得ることが多いです。 写真のように、立ち姿勢で足を椅子に乗せて上半身を側屈させるように伸ばして下さい。10秒間伸ばして一度緩める、また10秒間伸ばして緩めて…を1日に3~5回行って下さい。 その②:腹筋をほぐしてみる マッサージでなかなか取れない腰痛を解消する裏ワザとして、腹筋や横腹をほぐしたり擦ったりするという方法があります。腰の筋肉は背中だけにあるのではなく、腹筋の奥の方や足の付け根の奥の方にもついており、この奥の方にある筋肉の緊張によって腰痛が起こっている人が比較的多くみられます。 この奥の方にある筋肉が緊張する要因としては、 デスクワークで日中座りっぱなしが多い 家事や育児で前かがみになることが多い 庭いじりや畑仕事で中腰になることが多い 以上の姿勢を日常取ることが多い人です。 もしこのような姿勢を取ることが多くて腰痛になっているあなたは是非動画を参考に腹筋や横腹のマッサージを行って下さい。 マッサージでもなかなか治らない腰痛を解消するには? 腰痛の解消方法としてマッサージは確かにとても効果的です。しかし、的外れな場所を間違った方法でやってしまうと治らないし、全く無意味なものになってしまいます。 腰痛を解消する方法はマッサージだけではありませんし、腰以外のアプローチで腰痛がなくなることもありますので、もう少し視野を広げて腰痛治療に取り組んでいきましょう。 今回の内容に関してや、腰痛治療のことで何かわからないことがあれば、わからないままにせずにすぐに当院までご相談下さい。

【あなたもやっていませんか?】膝の痛みを悪化させるストレッチ|箕面・整体院リプレ

    • 箕面のO脚X脚
    • 箕面の変形性膝関節症
    • 箕面の膝の痛み

  膝の痛みを解消しようとストレッチで膝周りの筋肉をストレッチで伸ばしているあなたへ。 正しい方法で本当に伸ばさなくてはいけない筋肉を伸ばさないとかえって膝の痛みは悪化します。 今回は膝の痛みを悪化させるストレッチと本来やるべきストレッチをご紹介します。 こんなストレッチは膝の痛みを悪化させます 膝の痛みは、膝周りの筋肉の硬さによって起こっていることが多いので、この硬さをストレッチで取り除くことができれば非常に効果が高いのですが、やり方によっては逆に筋肉に力が入って余計に硬くなってしまい痛みが増してしまうことがあります。 特に、以下に挙げる2つのストレッチは筋肉に余計な力が入ってしまいやすいので注意しましょう。 膝を曲げるストレッチ そもそも膝が痛くて曲がらない状態なのに、曲げて筋肉のストレッチしようとすると痛みをかばって変な力が入ってしまい余計痛みが出やすくなります。 膝を曲げても痛くない、お風呂の中でならある程度曲げられるというあなたはお風呂の中で軽く正座をするようなストレッチをして下さい。 お風呂で温めて筋肉が柔らかくなっている状態でなら痛みも軽いので力が入りにくくなってストレッチしやすくなります。 開脚ストレッチ 普段からストレッチをし慣れている人なら大丈夫なのですが、ちゃんと脚が開ききらない、体が硬い人は必ず太ももに力が入るので膝の痛みは取れませんし、かえって悪化します。 これもお風呂でできるならしていただければいいのですが、広いスペースが必要なので、もし行かれる人は、温泉に行った時や岩盤浴に行かれる時に行って下さい。   膝の痛みを改善させる正しいストレッチ 当院で膝の痛みでお困りの患者様にご指導しているストレッチをごく一部ですがご紹介いたします。膝の症状によってご指導内容は異なりますが、この2つのストレッチをご指導することが比較的多いです。 この2つの部位の筋肉の緊張で膝の痛みが起こっていることが非常に多いので、よかったら試してみて下さいね。 立ち姿勢で内もものストレッチ 立った状態で足を椅子や低い台に乗せて横向きになって上半身を側屈させます。この時に脚を伸ばそうとすると筋肉に力が入って余計硬くなってしまいますから、上半身を利用して少ない負荷でしっかり伸ばせる方法でストレッチしましょう。 立ち姿勢で太もも裏のストレッチ これも内もものストレッチと同様、立ち姿勢で足を乗せて上半身を前屈させて伸ばします。さらに膝に効かせたい場合は、動画を参考に膝を曲げられるところまで曲げた状態で太ももを固定してゆっくり伸ばしていきましょう。 闇雲にストレッチして膝の痛みを悪化させないようにしましょう   ほとんどの方はとりあえず自己流で足周りのストレッチをしていたり、これでいいのかな?と疑問を持ちながら何となくストレッチをしていると思います。 闇雲にストレッチをしていても効果がないどころか、かえって状態が悪化したりすることもありますので、正しい部位を正しいやり方でストレッチして筋肉の硬さを取り除いて膝の痛みを解消しましょう。 もしご自分でどこの部分をどうやって伸ばせばいいのかわからないというあなたは、当院でしっかりとサポートいたしますので是非ご相談下さい。

ホームページ限定
お試しキャンペーン

6月末日までの期間限定

施術1回 通常 6.000

初回限定

1.980

現在ご予約多数の為、ほんの少しでも「試してみたい」と思われたのなら、予約が埋まってしまう前にお早めにご連絡下さい。
お電話の際は「ホームページ見ました、まだ予約はとれますか?」とお尋ね下さい。

予約
優先制

今すぐご予約して下さい!

「ホームページを観て、

予約を取りたいのですが」とお伝え下さい。状況により出れない場合がありますが、後ほど必ずおかけ直しいたします!

072-734-8468 072-734-8468

ホームページからのご予約と
整体院リプレLINE@からのご予約は
24時間受け付けております。

整体院リプレ

住所
〒 562-0045
大阪府箕面市瀬川2-3-47
箕面ガーデンハイツ104
アクセス
阪急宝塚線 石橋駅から徒歩12分
無料駐車場あり(2台)
近くにコインパーキングあり
代表者
角山 雄太 (かくやま ゆうた)
電話番号
072-734-8468 072-734-8468

土日祝も診療しております。時間外施術は応相談。

営業時間
9:30~19:30

ソーシャルメディア

体に関する豆知識やこぼれ話を随時配信!
ご質問・ご予約もOK!

LINE ID
@dfs3082f
お友達登録はこちら
友だち追加

PAGETOP