整体院リプレ

・阪急宝塚線 石橋駅から徒歩12分
・無料駐車場あり(2台)
・近くにコインパーキングあり
土日祝も診療しております。時間外施術はご相談下さい。

住 所
大阪府箕面市瀬川2-3-47
箕面ガーデンハイツ104
営業時間
9:30~19:30

靴が合わないと膝の痛みが起こる?【箕面の整体】

大阪府箕面市 【難治性】膝の痛み・変形性膝関節症専門

姿勢整体院リプレの角山です。

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

今回は、またまた膝の痛みと靴の関係性についてのお話しです。世の中の出回ってる靴が膝にとってどのような影響を与えているのか?靴が合わないと膝の痛みや変形性膝関節症がどんどん悪化していくメカニズムなど、シューズメーカさんに怒られない程度にやんわり指摘しながらお話を進めていきたいと思います。笑

靴が合わない,膝の痛み

しかし、考え方を変えれば、医学的な知識や情報を調べたり勉強しなくてもご自分の体や膝の状態と合わない靴を選ばず、ご自分の体の状態に合った靴をうまく選んで履いて使うことができれば、ご自分で膝の治療ができるということになりますので、今後の膝治療の一環として是非参考にしていただければ幸いです。

膝の痛みが起こりやすい靴一覧

靴が合わないといっても、具体的にどう合わなくて、どういった構造の靴が膝関節に悪影響を与えるのかまではわからないですよね。なので、私なりに各シューズの特徴とその特徴があることで膝関節にどのような影響を与えているのかを検証してみましょう。

スニーカーが膝の痛みに対してどれだけ関係している?

スニーカーといってもピンからキリまでありますが、膝の痛みを出しやすいのは、グレードが高くて値段も高いいわゆる高級なタイプのものです。高級なものは、履いた時に足部の快適さを感じれるように足の形にフィットした構造になっています。要は、足部の関節の動きを全て止めてしまっている状態に持っていくということです。一見足部が守られて足にとってはいいように思えますが、実は、この状況を作ってしまうことで、全身のバランスが崩れてしまい、膝関節に左右や捻じれなどの大きな負荷がかかりやすくなってしまうのです。

靴が合わない,膝の痛み

全身のバランスは、足裏のアーチと呼ばれる靭帯と腱でできた体の土台ともいえる部位です。このアーチがあることで、人類は二足で歩くことができて今日まで進化し続けてきました。このアーチは歩いている時などの常に動いて引っ張られていることで全身のバランスを保っています。スニーカーの構造によってこのアーチの動きが妨げられると、体はバランスを保てなくなり、歩く時だけでなく、立ち姿勢でも前後左右、捻じれ方向に大きく揺れます。膝関節は前後の動きには強いのですが、左右と捻じれの方向からの外力にとても弱いです。なので、この外力から耐える為に必要以上に膝周辺の筋肉を緊張させて膝関節を守ろうとします。この緊張が痛みとなって感じるわけです。

スニーカーを選ぶ時は、靴底がフラットなもので、かつ靴の幅が広いもの。グレードは高くなくていいので、並みのグレードのものを選んでください。簡単に言うと、靴自体の作りがいたってシンプルなものを選んでくださいということです。

ウォーキング・ジョギングシューズが膝の痛みに関係している?

ウォーキングシューズ・ジョギングシューズも同じで、使用中の足部の快適感を重視して作られている為に、アーチの動きが制限されてしまい、本来の人間の歩行や走行ができなくなります。特にウォーキングやジョギングの時にアーチが働かなくなってしまうと体の揺れが激しく起こり、膝関節に横揺れや捻じれの負荷が強くかかります。最も良くないのが、ほとんどのウォーキング・ジョギングシューズの靴底に着いているエアーやクッションです。これは座布団の上に立っているのと同じ状態になります。とても不安定ですよね?この不安定感を下半身の筋肉で固定しようと過度のストレスをかけて筋緊張を起こしますから、膝関節は一気に痛んだり、捻じれによる歪みが生じて、この状態で歩き続けたり走り続けると、いわゆる「変形性膝関節症」になってしまいます。

靴が合わない,膝の痛み

これも選び方のコツはスニーカーと同じで、靴底にエアーが入っていないフラットなもので、中くらいのグレードのもの。靴ひもがきつくないもので靴幅が広いもの。できれば3E以上の幅が望ましいです。

革靴が膝の痛みに対してどれだけ関係している?

革靴は見た目のスマートさを重視して作られたり、選んだりしますから、足の大きさと同じサイズのものを選びがちです。靴の中で足部の関節が動かせるような遊びがないと、これもアーチの運動を妨げることになります。また、革靴は靴自体にしなりがなく歩く時に足部の関節に準じて曲がってくれない為に、脚部の特にスネの筋肉や太ももの筋肉に疲労が溜まりやすくなります。脚部の前側や外側に疲労が溜まると膝に痛みが出やすくなります。多くの膝の痛みの直接的な原因となる筋肉は太ももの前側と外側、スネの筋肉の筋緊張から起こっています。

靴が合わない,膝の痛み

選び方のコツは、幅は3E~4E以上中敷きが取り除けるもの。つま先部分が極力上がっていないもので、ある程度柔らかさがあるものを選んでください。

ヒール・パンプスが膝の痛みにどれだけ関係している?

ヒールやパンプスなどの女性用の靴は、革靴よりもさらにスマートな見た目を重視されて作られており、自分の足部より小さい靴を選んでしまいがちです。自分の足より靴の方が小さいということは、足裏が靴底まで到達していない為に、靴のアッパー部分に足部が引っかかっているという状態になります。当然その状態はアーチを完全にロックしていますから、これを履いてまともに歩くことの方が難しいです。歩いている時に揺れているのは靴ではなく、自分の足首だということに気づきましょうね。

靴が合わない,膝の痛み

靴幅が広いものであれば、靴底に足裏が到達する分アーチが多少使えるのでまずは自分の足より広いものを選ぶようにしましょう。そして、アッパーなどのサイドからの締め付けが極力少ないもので、足先が比較的広いものを履くようにして下さい。

スリッパやサンダルが膝の痛みにどれだけ関係している?

スリッパやサンダルは靴の内底がクッションなどの柔らかい素材で作られているものが多い上に、健康サンダルのような足裏のアーチを緩みっぱなしにしてしまうような構造が非常に多いです。特にク○ックスは柔らかい上に足裏の形にフィットした構造です。足部の快適感で言えば最もあると思いますが、身体バランスを崩す履物としてはダントツで一番です。

靴が合わない,膝の痛み

足裏のアーチは、地面に着いた時に引っ張られて張りが出ることで全身のバランスを保持しています。柔らかい靴底や足裏の形にフィットした構造の靴や中敷きをあてがうと一気にアーチに緩みが出て本来の姿勢保持機能が果たせなくなります。そうなると、脚部の筋肉や体感の運動時に使う筋肉で姿勢保持をしようとしますから、筋肉は著しく疲労を起こします。これが膝の痛みや変形性膝関節症、ひいては腰痛や肩こり首こりの大元の原因となっているわけです。

スリッパやサンダルを履くなら、靴底はフラットで、足部を固定するバンドはルーズめのものを選んでください。裸足で履くなら後ほどご紹介する花緒がある履物であれば、アーチ運動を妨げないのでおすすめです。

膝の痛みが起きにくい履物一覧

いままでのお話でいくと、世の中のすべての靴が膝を痛めてしまうもののような言い方をしてますが、もちろんすべてではないです。中には膝関節の負担を少なくする履物もあります。それを今からご紹介しますね。

ビーチサンダルや草履・下駄は膝の痛みが起きにくい

先ほども少し触れましたが、ビーチサンダルや草履や下駄などの花緒がある靴は、履いている時にアーチの運動を妨げません。それどころか、歩く時に花緒を足の指でつまむ動作をすることでアーチが活性化して体の揺れを防ぐことができます。要は、歩けば歩くほどアーチが強くなって膝を痛めにくい体になっていくというわけです。

靴が合わない,膝の痛み

しかし、ものによっては靴底を足裏の形にフィットさせてしまっている草履状の履物もあったりするので、もちろん花緒があっても靴底の構造がダメなものならば、アーチは動きません。そして、今までの生活の中で靴によってすでにアーチの動きが悪くなっている人は、これらの履物を履き始めてもすぐにアーチ運動は起こりません。履き続けてアーチを動かす訓練をしなくてはいけません。

箕面膝博士見解!靴が合わないのではなく…

膝の痛みが靴が合わないことで起こっているというよりは、人間の歩行運動や本来の体の使い方ができなくなるような構造の靴が世の中に出回ってしまっているということが問題です。上記でご紹介した靴の選び方を参考にしていただいて、まずは、しっかりと足裏が地面に着地できる靴を履いて下さい。

靴が合わない,膝の痛み

足が地面に着いていないと歩くことはおろか、立つこともできなくなります。私たちの体は地球という地面から起こる重力に反発して立ったり歩いたりしています。しっかりと地面に足が着いていないとその反発ができませんから体は不安定な状態で揺れっぱなしです。見た目も大事ですが、どうか、自分の体を守れる靴を履いて毎日を楽しんで下さいね。

靴や中敷きを変えるだけで膝の痛みが取れる

実際に施術よりも靴や中敷きの見直しなどのセルフケアで膝の痛みを改善された患者様もいらっしゃいます。その方にインタビューしておりますので、ご覧下さい。

1、来院されたきっかけは?

数年前にテニスをしている時に膝を痛めて、それから整体院で施術していたが改善がなく、このまま歩けなくなったら嫌だと思ったから。

2、数ある整体院の中でなぜ当院を選んでいただいたのですか?

リプレさんで症状が改善した友達からの紹介で、「騙されたと思って行ってみて。」と言われた。

3、来院前と来院後の変化を教えて下さい。

来院前:歩く時の痛みはもちろん、階段の昇り降りもろくにできず正座もできませんでした。荷物を持って階段を上がるのもきつくて、主人に運んでもらったりしていた。

来院後:リプレさんで施術を始めて1ヵ月で歩くことが楽になり、2ヵ月で正座もできるようになりました。今では1万歩以上歩いても全く痛みはありません。これからテニスも再開しようと思っています。

4、来院を検討されているお客様にメッセージをお願いします。

「嘘でしょ?」と思われる方も多いと思いますが、私がここに来た時のように「騙された」と思って一度来てみて下さい。

三浦 様 箕面市在住 70代 女性

膝の軟骨がすり減っていても膝の痛みは取れる

この方は、病院で膝の軟骨がすり減っていると言われて何年も施術や痛み止めの薬や注射などで頑張ってきましたが、膝の痛みが改善することはありませんでした。しかし、靴の選び方や中敷きの見直しを加えることで痛みが改善しました。この方にもインタビューをしておりますので、ご覧下さい。

1、来院されたきっかけは?

歩行時と仕事(清掃)時に膝に痛みがあり、軟骨がすり減っていると言われてました。

2、数ある整体院の中でなぜ当院を選んでいただいたのですか?

角山先生が以前勤めていた整骨院から続けて施術してもらっている。もう良くならないと言われていて諦めていましたが、角山先生は「絶対に良くなるから諦めないで!」と言ってくれて、実際にどんどん良くなっていったので続けています。

3、来院前と来院後の状態を教えて下さい。

来院前:10年くらい前から歩く時に常に痛みがつきまとい、仕事に行く時もタクシーを使ったり、主人に送ってもらったりしていました。真っすぐ歩けずフラフラしていました。

来院後:歩くことがとても楽になり、周りの人から「足速いな!」と言われるようになった。歩く時のふらつきもなくなり、まっすぐ歩けるようになった。

4、来院を検討されているお客様にメッセージをお願いします。

私はもう膝が良くならないと諦めていました。でも角山先生にお会いして希望が見えたのでまた頑張れましたし、その結果、楽になりました。私が言うよりは実際来てみて体験する方がよくわかります。まずは行動をすることが大事だと思います。

森川 様 箕面市在住 60代 女性

体重が重くても膝の痛みは簡単に取れる

膝の痛みや変形性膝関節症の原因として、「体重増加や肥満」というものがよく挙げられますが、膝に対する施術に加えて、靴や中敷きの見直しをしていくと、体重を減らさなくても膝の痛みは取れるんです。実際にその患者様にもインタビューをしております。

1、来院されたきっかけは?

体重の重さが原因で膝の形が悪くなっていると言われ、それによる歩く時の痛みと椅子から立ち上がる時の痛みが辛かったです。

2、数ある整体院の中でなぜ当院を選んでいただいたのですか?

いろいろな整体に行きましたが、角山先生の意気込みが他の先生とは全く違うからです。

3、来院前と来院後の変化を教えて下さい。

来院前:歩行時の痛み、長い間同じ体勢でいた後、動き出す時の痛み。いろんな方法を1年以上続けていました。その時は気持ちいいのですが、痛みの改善まではありませんでした。

来院後:初回の施術で痛みが半分くらい解消して、2ヵ月ほどで歩行時の痛みはなくなり、椅子からの立ち上がり時の痛みも解消しました。

4、来院を検討されているお客様にメッセージをお願いします。

今までの整体院では「痩せなさい」の指導と痛みに対する処置だけでしたが、角山先生は「体重は関係ない」と言ってくれましたし、実際、体重は変わっていないのに本当に膝は良くなりました。最初は私も半信半疑でしたが、体のバランスについてを基本にわかりやすい説明、納得のいく説明をしていただき、施術後の変化についても説得力を感じます。諦める前に一度来てみて下さい。来てもらったらわかると思います。

藤原 様 西宮市在住 50代 男性

膝の痛みを根本から改善させる箕面の整体院

当院は、膝の痛みに対するマッサージやストレッチ施術に加えて、膝の痛みの根本原因となっている靴や中敷きを見直して、歩き方を改善させて膝に負担がかからないような仕組み作りも同時に行っております。膝の痛みという症状に対する処置だけでは一時的な改善しか見られないうえに再発率が高くなります。なので、症状と原因を同時進行で処置していくことで、今後痛みを気にせずに生活を送れるようなご提案をさせていただいております。

施術方法は正直何でもいいと思います。大事なことは、

その方法がどのような結果をもたらしているのか?

あなたの求めている結果になっているのか?

ということですので、今回のブログの内容も膝治療の選択肢の1つとして考えていただき、「こういう考え方もあるんだな」という感覚で頭の隅っこに置いておいていただければ幸いです。

あなたのお悩みが一日でも早く解決できることを心よりお祈り申し上げます。

追伸

大阪府箕面市にあります、姿勢整体院リプレには、膝の痛みを抱えた方々が多くいらっしゃいます。

その多くの方はこのようなお悩みを抱えていました。

・膝の筋トレをしているが痛みが取れない

・病院で「これは治しようがない」と言われ諦めていた

・ヒアルロン酸注射を打っているが3日ほどしかもたない

・体重や加齢が原因と言われ、湿布や痛み止めでごまかしながら生活している

医療機関を受診しても、湿布や薬で痛みを和らげる対処療法や、注射やマッサージ、ストレッチ、運動などでこれ以上ひどくならないようにするための保存療法で観察していくことしかできないのが今の膝痛治療の現状です。

このままでいいわけがない!

この状況をどうにかしないといけない。その強い想いで私は、技術と知識をこの12年間磨き続けてきました。

現在、姿勢整体院リプレに通われている患者様からは、

・なんで歩き方を変えるだけで痛みが取れるの?

・しゃがみ姿勢や正座ができるようになりました

・こんなに痛みが楽になったのは初めてです

・何度水を抜いてもすぐに溜まっていたのにもう溜まることがありません

など嬉しい声をたくさんいただいております。

もし私のブログ記事をみて、

あ、私も当てはまるかも…と少しでも思うのであれば、これをきっかけに膝の痛みをやっつけてしまいませんか?

もう一人で悩まないで下さい。

「痛みやストレスのない充実した生活」へ必ず当院が導きます。

あなたのお悩みをご相談下さい。

 

是非一度、当院のホームページを覗いてみて下さい。

下のリンクからご覧いただけます。

膝の痛みを根本から改善したい方だけクリックして下さい

 

体に関する豆知識や
こぼれ話が盛りだくさん!
ご質問・ご予約もOK!

LINEからのご予約で、
初回施術がさらに500円OFF!

姿勢整体院リプレ
LINE@
今すぐ友達登録
して下さい!

友だち追加

 

https://k-reple.com/

  • 箕面の変形性膝関節症
  • 箕面の膝の痛み

ホームページ限定
お試しキャンペーン!

12月15日までの期間限定

施術1回 通常 6.000

初回限定

1.980

先着5名様限定のキャンペーンです。
定員になり次第キャンペーンは終了いたしますので今すぐご予約して下さい!
お電話の際は「ホームページ見ました、まだ予約はとれますか?」とお尋ね下さい。

予約
優先制

今すぐご予約して下さい!

「ホームページを観て、

予約を取りたいのですが」とお伝え下さい。状況により出れない場合がありますが、後ほど必ずおかけ直しいたします!

072-734-8468 072-734-8468

ホームページからのご予約と
整体院リプレLINE@からのご予約は
24時間受け付けております。

整体院リプレ

住所
〒 562-0045
大阪府箕面市瀬川2-3-47
箕面ガーデンハイツ104
アクセス
阪急宝塚線 石橋駅から徒歩12分
無料駐車場あり(2台)
近くにコインパーキングあり
代表者
角山 雄太 (かくやま ゆうた)
電話番号
072-734-8468 072-734-8468

土日祝も診療しております。時間外施術は応相談。

営業時間
9:30~19:30

ソーシャルメディア

体に関する豆知識やこぼれ話を随時配信!
ご質問・ご予約もOK!

LINE ID
@dfs3082f
お友達登録はこちら
友だち追加

PAGETOP