整体院リプレ

・阪急宝塚線 石橋駅から徒歩12分
・無料駐車場あり(2台)
・近くにコインパーキングあり
土日祝も診療しております。時間外施術はご相談下さい。

住 所
大阪府箕面市瀬川2-3-47
箕面ガーデンハイツ104
営業時間
9:30~19:30

バドミントンをしている時に膝が痛い原因と3つの対処法|箕面・整体院リプレ

 

バドミントン,膝が痛い,原因,対処法

バドミントンをしている時や終わった後に膝に痛みが出るというあなた。

せっかく日頃の運動不足解消やストレス解消の為に楽しくやってるのに、膝を痛めてしまってはかえって疲れやストレスが溜まって何の為にやっているのかわかりませんよね。

確かにバドミントンというスポーツは、激しい動きや俊敏なラケットさばきなど、フットワークの軽さを求められますので、その分体にかかる負担も大きいです。

本来バドミントンでは膝が痛いということは起こらない!

バドミントン,膝が痛い,原因,対処法

バドミントンをしていると、確かに脚部の関節や筋肉にはかなりの負荷がかかっています。しかし、激しく動かしていることが原因で膝を痛めるならば、バドミントンをされている方全員が膝を悪くしているということになりませんか?

でも実際はそうではありません。あなたと同じ年代、同じような体形であなたよりも頻繁に激しくバドミントンをしている方でもどこも痛めていない方もたくさんいらっしゃいます。なぜ同じ動きをしているのに膝を痛めたり痛めなかったりするのでしょうか?

膝が痛いタイミングはいつですか?

バドミントン,膝が痛い,原因,対処法

バドミントンをしていて膝が痛いと言っても、痛みが出るタイミングはその人によってバラバラです。そして、痛みが出るタイミングがわかれば膝が痛くなる理由も見えてきます。最も多いバドミントンでの膝の痛みが出るタイミングと痛みが起こる原因をお伝えします。

バドミントン開始直後は痛いがしているうちにマシになる場合

普段の生活の中で、座りっぱなしや立ちっぱなしなど同じ姿勢を続けている方が、運動を始めると膝周りの筋肉が順応せずに急激に緊張を起こして痛みを感じるというものです。

筋肉を使っているうちに緊張は取れていきますが、定期的に動かす習慣を身につけないといつまでもこの症状を繰り返します。特にバドミントンは動きが比較的俊敏で激しいために普段の生活とのギャップが大きいと痛みが起こりやすいです。

バドミントンをしている中盤で痛みが出てくる場合

意外かもしれませんが、ウォーミングアップでストレッチを多めにするとこの症状が起きやすいです。要は、ウォーミングアップを入念にしすぎていることが原因です。

ストレッチの目的は筋肉を緩めて回復の態勢に入る準備をさせるというものです。バドミントンのような激しい運動をする前にストレッチで筋肉を脱力させてしまうと筋肉の収縮がうまくできず極度の疲労と筋緊張が起こり痛みを感じます。

バドミントン終了後に痛みが出始める場合

これは単純にクールダウン不足です。バドミントンのように激しい動きのスポーツをした後は、ストレッチや整理体操などのクールダウンをしっかりやっておかないと筋肉の疲労が分解できなくなります。

筋肉に疲労が溜まると痛みや重だるさを感じることはもちろん、筋収縮力が低下してパフォーマンスが落ちたり、肉離れなどの筋損傷を起こしやすくなります。

バドミントンで膝が痛いことにならない為の対処法3つ

バドミントン,膝が痛い,原因,対処法

以上を踏まえて、バドミントンでの膝の痛みを予防・改善する対処法を身につけましょう。

その①:ウォーミングアップでストレッチをし過ぎない

バドミントン,膝が痛い,原因,対処法

ウォーミングアップは実はあまりしなくてもいいのです。というのも、あなたは、朝起きてすぐにバドミントンを始めるわけではありませんよね。身支度や朝食の準備、バドミントンコートまでの移動などの日常生活動作の中でウォーミングアップはできています。

アスリートみたいに一日中バドミントンをするなら話は別ですが、数時間で終わるような練習量であればウォーミングアップをほとんどしなくても大丈夫です。

その②:クールダウンをウォーミングアップより念入りにする

 

バドミントン,膝が痛い,原因,対処法

どれだけ短い運動量でも絶対にクールダウンは怠ってはいけません。

特に週1回もしくは2~3回かの激しい運動ですので筋肉に溜まる疲労はかなり大きいですから、今までウォーミングアップでやってきたストレッチをクールダウンで入念に行って下さい。

その③:テーピングで膝の本来の動きを取り戻す

普段ご自分でテーピングをされるというあなたは、是非このテーピング方法を試してみて下さい。これは膝を固定するのではなくテープの伸縮力を利用して膝関節の動きをよりスムーズに促すというテーピング方法です。

膝をスムーズに動かすことで今まで動きを悪くしていた膝が本来の動きや可動域を取り戻すことがしやすくなります。

膝が痛い原因を取り除いてバドミントンを楽しみましょう!

バドミントン,膝が痛い,原因,対処法

バドミントンで膝を痛めた時は、まずどのようなタイミングで痛みが出るのかを観察してみましょう。

それが見つかったら上記の内容を参考にしていただいて膝の痛みを予防・改善して痛みの再発防止に努めましょう。

痛みを気にしながらバドミントンをするのは楽しくありませんよね。せっかくご自分が楽しくて続けていることですので、嫌な想いをしてやめていくことがないようにしっかりとケアしていきましょうね!

  • 箕面のスポーツ障害
  • 箕面の変形性膝関節症
  • 箕面の膝の痛み

ホームページ限定
お試しキャンペーン!

11月20日までの期間限定

施術1回 通常 6.000

初回限定

1.980

先着5名様限定のキャンペーンです。
定員になり次第キャンペーンは終了いたしますので今すぐご予約して下さい!
お電話の際は「ホームページ見ました、まだ予約はとれますか?」とお尋ね下さい。

予約
優先制

今すぐご予約して下さい!

「ホームページを観て、

予約を取りたいのですが」とお伝え下さい。状況により出れない場合がありますが、後ほど必ずおかけ直しいたします!

072-734-8468 072-734-8468

ホームページからのご予約と
整体院リプレLINE@からのご予約は
24時間受け付けております。

整体院リプレ

住所
〒 562-0045
大阪府箕面市瀬川2-3-47
箕面ガーデンハイツ104
アクセス
阪急宝塚線 石橋駅から徒歩12分
無料駐車場あり(2台)
近くにコインパーキングあり
代表者
角山 雄太 (かくやま ゆうた)
電話番号
072-734-8468 072-734-8468

土日祝も診療しております。時間外施術は応相談。

営業時間
9:30~19:30

ソーシャルメディア

体に関する豆知識やこぼれ話を随時配信!
ご質問・ご予約もOK!

LINE ID
@dfs3082f
お友達登録はこちら
友だち追加

PAGETOP